私は一つ決めていることがあります。

「何かチャンスをいただいたときには、快く受ける」

ということ。

これは恩師、井上敏之さんの教えです。

「チャンスというのは、往々にして、自分が準備が出来てないときに来る。

それでも、なんとかやり遂げる。 これで人間は成長する。」と。

 

昨日(7月17日)Studio Chiffonにて

「こんにちは。たまプラーザのお元気さん!」にゲスト出演しました。

シニアライフサポートのフォトグラファー三浦敏行さんからのご連絡に、

「はい、やります!」と即答しました。

三浦さんのサイトはこちらです。

受けて他の方の動画を見てびっくり。45分も話すのです。(*_*)

そんなに話せるのだろうか。。。。

 

ライブだから、生で観てもらった方がいいのだろうと

英会話の生徒さんや、FBでお知らせしたものの

インタビュアーの相良友哉さんとは初対面。

打ち合わせもなしなので、何を聞かれるかわかりません。

まさに即興スピーチ!

こんなに緊張したのは久しぶりです。

本番の朝は、食欲ゼロ。

 

自分がうまく言えるかどうかと自分にフォーカスしてしまうと緊張するので、

他の方の役に立つことを伝えることにフォーカスすることにしました。

 

そこで思いついたのが、「笑いヨガ」

外は雨。暗い日に少しでも笑ってもらいたい。

英会話の生徒さんも笑いヨガは懐かしいに違いない。

クラスは先週から始まったものの、感染予防で毎回やっていた笑いヨガができなくなってしまったからです。

とはいえ、3月初めにクラスがなくなってから、4ヶ月近くやってません。

急きょ朝から 笑いヨガの練習です。

そしてスタジオに到着。たまプラーザの日能研の真正面にあります。

 

スタジオは以前動画で見せていただいていたので、初めての気がしませんでした。

入ってびっくりしたのは、たくさんのカメラ。

ドアに貼っている黒の防音用のクッションもアミューズメントパークのようで素敵です。

(写真撮り忘れました ^^;)

好きな絵を選べると言われ、好きな色 オレンジの絵にしました。

 

右に座ってられるのがTJトークジョッキーの

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所
にお勤めの相良友哉さん。

「こんにちは、たまプラーザのお元気さん!」にゲスト出演というと

お元気シニア代表 と取れますね(笑)

昨日の動画はこちらです。長いのでお時間があるときにご覧ください。

 

 

「ユーモアコミュニケーションって?」

「どうしてユーモアコミュニケーションのトレーナーになろうと思ったのか」

「大人しかったのにどうやって英語の先生になったのか」

「場をつくるって具体的にどんなことをしているのですか」

「ユーモア英会話は普通の英会話クラスとどう違うのか」

「笑いヨガって?」

「笑いヨガを取り入れようと思ったきっかけは?」

「ニックネームを使うって?」

たくさんの質問で引き出していただきました。

 

楽しそうに話していたので、笑顔も褒めていただきました。

 

終わってからは、反省することが多く落ち込みましたが、

皆さんからのコメントで少し元気になりました。

「笑いが大切だと改めて思いました」

「寝る前に見てウキウキで笑顔オーラで寝付き、明るく目覚め、おはよう!のテンションを高い声でトライしてみました。」

「ポジティブに捉えることの大切さ、今自分の周りにあるものを大切にしようと日々感謝する気持ちが強まるわ。
マスクの中でニッコリをするように心がけるわ」

「いつまでもはっきりしない体調、コロナ騒動、長く続いているはっきりしない天候と少々気が滅入る日もあったのですが、
気持ちが明るくなりました」

 

わ・お・た (わかりやすく、面白く ためになる)話ができるようになるには、

まだまだ修行が足りませんが、とてもいい経験になりました。

 

Studio Chiffonオーナーの青柳志保さん、相良友哉さんに素晴らしい機会をいただいて、心から感謝しています。

これからも皆さんと協力して、シニア世代をサポートして行きたいと思います!

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら