シニア英会話クラスのメンバーに

3月のコーラスの発表会が中止になった方がいます。

歌う曲の前に日本語の短い詩を朗読することになっていたそうです。

 

その歌が英語の歌 We are the world だというので、

英会話のクラスのメンバーで歌うことにしました。

 

We are the world 改めて聞いてみたのですが、

今の状況にも当てはまり、元気づけられます。

 

We are the world, we are the children, 

We are the ones who make a brighter day

So let’s start giving

 

分け与えよう! というところでは

トイレットペーパーが思い浮かんでしまいました。(笑)

 

We are the world の動画はこちら

いろんな歌手が歌っているのがいいですね。

 

シニアクラスのメンバーが、マイケルジャクソンやダイアナロス 

スティービーワンダーになって歌ったら面白そう! 

想像しただけで笑ってしまいました。

 

そのためにはまず私が歌えなくては!

ということで、ここ数日 毎日聞いて歌っています。

そして歌うたびに元気になるような気がしています。

歌う喜び ですね。

 

先週ひとりずつ元気になる歌をシェアしてもらいました。

どんな曲が出たかというと。。。

 

Sing (カーペンターズ)

Tomorrow 岡本真夜

明日にかける橋 サイモン&ガーファンクル

主人公 (さだまさし)

Mack The KNIF

どんなときも (槇原敬之)

上を向いて歩こう

365歩のマーチ

地上の星

童謡

などでした。

 

意外に知っている歌が多く英語の歌もいくつかあったので、

少しずつクラスでも歌っていこうと思います。

 

ランチタイムにクラスのメンバーの一人が見せてくれた絵手紙。

 

 

色のグラデーションが素敵です。

「良かったらどうぞ」と言われたので、

ガーベラのはがきをいただきました。

 

 

 

ガーベラというと濃い色のイメージがありましたが、

こんな淡いピンクもあったのですね。

花言葉が「感謝」

ハッピーラッキーミー♪

大事にしようと思います。

その方は70歳になって初めて英会話を始めたのですが、

今は英語を勉強するのが、楽しくて仕方がないそうです。

 

『ユーモアコミュニケーション~場の雰囲気を一瞬で変える』の

言葉もノートに書き写してられました。

 

We don’t stop playing because we grow old. 

We grow old because we stop playing.

年を取ったから遊ばなくなるのではなく、

遊ばないから年をとるのだ 

年を取ったら「きょういく」と「きょうよう」が大切だ。

今日行くところがあること

今日行く用があること

 

私も皆さんを見習っていつまでも学び続けて行きたいと思います。

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
5月からオンラインコース始まりました!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら