コロナウィルス感染症対策でいろいろなイベントが中止、延期になっている中、

シニア英会話は通常通り開催しています。

とは言え参加者の数は普段の3~6割くらいです。

 

その中に雨が降らなければ必ず参加される女性Dさんがいらっしゃいます。

買い物かごを支えにして、家から歩いてくるので、雨が降ると来られないのです。

心配で、「無理しないでください」「椅子に座ったままでもいいですよ」と言うのですが、

首を振り、体を動かすアクティビティにもテーブルにつかまりながら参加しています。

(私のクラスは体を動かすことが多いのです💦)

 

先日 皆さんに比較級を使った文を作ってもらったのですが、

Dさんが作った文は

I am older than Jyouko sama (上皇陛下)

え?え?え?

ということは、87歳以上ということ?

ビックリしました。

もちろん若いときに英語を話していたというのもありますが、

87歳で英語を勉強し続けるとは、なんてすばらしい!

 

いつもはペアで話してもらうので、一人ひとりの話は聴くことができないのですが、

今週は人数が少なく一人ひとり話してもらったので

色々なことがわかりました。

Dさんはよく同級生とホテル大蔵でお喋りするそうです。

イスがたくさんあって、ゆっくりお話しできるのがいいのだとか。

 

学生時代は仲良くなかったのですが、

みんな死んでしまったから、残ったもの同士仲良くなったのだとか。

We were left  and we got closer.  

その言い方に不謹慎かもしれませんが、

くすっと笑ってしまいました。

年を取ると大変なことも多いと思いますが、

「残り者には福がある。」

Dさんを見ているとそんな言葉が浮かんできました。

 

 

 

 

 

 

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら