ショーが上手く行くかどうかの33パーセントはセッティングによる。

アメリカ人のコメディアンが言っていましたが、

笑いが起きるかどうかは、セッティングで大きく変わります。

 

トーストマスターズのファイナリストでリーダシップの講師の

Rory Vadenの 

” No laughs to know laughs “

How to be funny to make more money

には、笑いが起きやすいセッティングについて書いてあります。

Lighting 照明 
 
自分にライトが当たるようにすること。表情が見えると笑いも起きやすい。
 

2.Space 広さ  

なるべく部屋を狭くすること。部屋が広いと笑いづらい。

狭い所だと笑いが詰まって声も大きくなり笑い声も長く続く。

部屋が広い時は、前もって参加者の皆さんに前の方に来てもらうよう促す。

3.人と人の間隔   近いほど笑いが起きやすい。他の人が笑っているのが見えると笑ってしまう。

4.話し手と聞き手の距離   近いと関心を持ちやすくなり、話し手のエネルギーも伝わりやすい。

5.一日の中の時間帯  笑いのプライムタイムは、10a.m. から1 p.m. 5 p.m. to 8 p.m. 

6.  部屋の温度  なるべく低く設定する。

No laughts to know laughs   Rory Vaden より 

 

日本笑い学会の会場は100人くらい入る広い部屋で、

30名だったので、皆さんバラバラに広がって座っていました。 

後ろの方に座っている人とはかなりの距離。

ライトはスライドをお見せするため電気を消したのですが、

私の顔も見えなくなり、半分また付けました。

時間は14時半から16時半。ちょうど笑いのプライムタイムの間ですね。

 

一瞬で距離を縮める~ 一瞬で場の雰囲気を変える~ 

に自信があった私でしたが、

今回は一瞬では変えられませんでした。

その一瞬は笑顔になるのですが、すぐに真顔に戻ってしまうのです。

笑顔をキープしてもらえるようになったのは、30分後くらいでしょうか。

どのように笑顔になっていったのか次回お話ししたいと思います。

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら