息子の小学校時代のママ友A子さんにばったり出会いました。

河合奈保子を少し大人っぽくしたような

一見おしとやかにみえる女性なのですが、

関西出身で何でも話してくれます。(^^)

今回も大阪に住んでいるお姉さんから送られてきたという写真を見せてくれました。

タイトルは、「真珠の耳飾りの老婆」

92歳の母親が髪の毛を布で巻いて真珠のイヤリングをつけている写真です。

お母さんが転んで怪我して片腕が上手く使えなかった時のこと。

髪の毛が邪魔にならないように

A子さんのお姉さんがヘヤ―バンドのようなもので

お母さんの髪の毛をまとめた姿を写真に撮って送ってきたそうです。

わざわざ真珠のイヤリングをつけて。(笑)

 

A子さんがフェルメールの絵と並べた写真を見せてくれました。

 

「真珠の耳飾りの少女」

お母もさんの写真も見せてもらったのですが、構図がそっくり。(笑)

お姉さんもお世話で大変だと思いますが、

こんないたづらできるなんていい親子ですね。

 

専業主婦で、アルバイトをしながら二人の子供たちを育てきたA子さん。

 

「私はね。3人姉妹の末っ子だったから誰にも期待されずに自由に生きてきたの。

小さいときからクラゲみたいにふわふわしてたのね。

私がしてきたことって子育てくらいしかないけれど、

何かあったらすぐ駆けつけてあげられる状態でいたかったから

フルで仕事は持たなかった。

だからいつもスタンパイ状態。

子供たちは二人とも就職して自立したけれど、

今も両方の母親に電話して話を聞いたり、

アルバイト先で仕事したり、

姪っ子が病気になったら、

子供たちの遊び相手をしに行ったり。

 

私は大きな仕事を成し遂げてはないけど、

ジグゾーパズルのピースが足りないところに行ってその形に自分がなっているのかな。」

 

A子さんの話にとても共感しました。

 

ユーモアコミュニケーションもA子さんのようにクラゲのようにふわふわ~と

穴が開いているところに行って周りをつなげるピースになってほしい。

Peace (平和)を作る Piece    ♡

美しいエンディング ♪

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら