最近、お腹を抱えて笑った経験ありますか?

先週私はお腹が痛くなるほど笑いました。

シニア英会話クラスの事です。

4クラスを担当しているのですが、

先週のクラスで大きな発見がありました。

それは面白いことを言ったり、面白い動作をする人がいても

①それを面白いと思う人がいないと笑いは起きない。

②そしてたとえ面白いと思っても、それを表現することができなければ他の人に伝わらない。

③可笑しくてたまらないと体で示してくれる人がいると、それが周りに伝染してみんなが笑い出す。

なぜそう思ったかと言うと 面白い動きをしていた男性は2つのクラスに参加していたからです。

(本人はいたって真面目に体を動かしていた)

最初のクラスでは 爆発的な笑いにはつながらなかったのに、

最後のクラスでは笑いヨガのエクササイズをする必要もないくらい

皆が笑い転げてしまったのです。

その理由を考えると、最後のクラスには可笑しくてたまらないと

体をよじって笑う女性がいたからです。

それを見て周りの人もみんな笑いに感染してしまいました。

 

 

モデルのローラさんの言葉にこんな言葉があります。

・・・・・・・・・・・・・

どれだけ可愛い人よりも、

どれだけカッコいい人よりも、

どれだけ頭が良い人よりも、

どれだけ面白い人よりも、

どれだけお金をもっている人よりも、

何でもない話を笑って聞いてくれる人がいいよね。

・・・・・・・・・・・

 

笑ってくれる人 貴重ですね。

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
5月からオンラインコース始まりました!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら