土曜日は、ファンタジスタトーストマスターズクラブの例会がありました。

このクラブは特殊で年に2回コンペがあり、メンバーがやりたいことをプレゼンし投票をして

例会の内容を決めるのです。

昨日の例会は、「ユーモアセンスは磨けるか?」

 

事前に「ユーモアセンスがある」「面白い」と思う人を選ぶ投票があり、

何とか3位に入賞できました。

(1位と2位からはかなり離れていましたが ^^;)

 

プロデューサーが準備したアクティビティは、

お笑い芸人が競い合うゲームでした。

 

写真を見て面白いことを即座に言ったり

自分の情けないエピソードを音楽に合わせて語ったり。

そして5人が面白いと思ったら ストローが1本もらえるのです。

 

 

そして結果です。

 

私がもらったストローの数は。。。。。。。

 

(ドラムロール)

 

 

 

 

 

 

0本。  ( ;∀;)

 

 

ゲストでさえも1本はもらっているのに。。。。

 

この薬を飲んでおくべきだったー! (笑)

 

 

とはいえ、ユーモア投票で1位になったJさん(男性)も1本でした。

 

ではなぜ Jさんが1番ユーモアセンスがある思われたのか。。。

 

それはいつも声をあげて笑っているから。

 

楽しそうにしているから

 

Jさんは、自分は面白いことは言わなくても 相手の話にユーモアのある

コメントをいつもしているのです。  

つまり相手が言ったことをより面白くしている ということ。

 

「面白い人になりたい」という男性は大勢います。 

面白い男性は女性にモテる と思われているからですね。

 

でも面白いことを言う必要はないんです!

 

相手の話を楽しそうに聞いて

よく笑えば、面白い人だと思われますよ! 

 

Let’s laugh a lot !    

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら