昨日電車で、隣に座っていた外国人の男性に話しかけられました。

“Does this train go to Shibuya?”
 
(この電車は、渋谷に行きますか?)

” Yes.  It is after Omotesando”

(はい、表参道の次です)

 

ここで会話が終わってもよかったのですが、英語にアクセントがあったので聞いてみました。

“Where are you from? ” 

” Spain ”  

おーなんと! 
実は私の第2外国語は スペイン語だったのです。

それからは頑張ってスペイン語で話しました。

 

英語だとこんな感じです。

……………………………………………………………………….

I speak Spanish a little.  Where in Spain are you from?”

「スペイン語少し話せます。スペインのどちらですか?」

“Madrid”

「マドリッドです。」

” Madrid!  I’ve been there.  How long are you going to stay in Japan?” 

 

「マドリッド! 行ったことあります。

どのくらい日本に滞在されるのですか?」

 

” Until January 2nd. ”  1月2日までです。

 

”Are you going to stay in Tokyo or going to Kyoto? ” 

東京にずっといるのですか? それとも京都も行きます?

 

” Yes,  we are going to Kyoto and then Sapporo. ”  

京都と札幌に行きます。

 

” Sapporo?  did you bring warm clothes?  Why Sapporo?”  

「札幌ですか?温かい服持ってきてますか。どうして札幌なんですか?」

” We are going to ski. ”   スキーに行くんです。

………………………………………………………………………………………

英語ではすらすら書いていますが、
スペイン語では単語が出てこなくて
服のところは、自分の洋服をつまんで話していました。(笑)

 

書き起こしてみると次々に質問してます。

京都と奈良か 京都と広島ならわかるのに、なぜ北海道なのか不思議に思いました。

 

相手に興味を持って尋ねると
たいてい皆さん嬉しそうに答えてくれます。

でも昔からこんな風に質問をしていたわけではありません。
8年前までは、何を聞いていいか全くわからなかったのです。

詳しくは こちら

 

Buen Viaje !  良い旅を! 

言えなかったけれど 次回は必ず。

 

スペイン語 また勉強したくなってきました。 

 

 お気に入りのレストラン MA MAISON  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら