今日は、ネガティブをポジティブに変えた マーサ オリジナルジョークをご紹介します!^^

 

Today I am going to share my original joke I made at Toastmasters about 8 years ago.  

img_3892

8年前 トーストマスターズで

ジョークマスターをしたときのスピーチです。

 

ジョークマスターというのは、例会の初めに場の雰囲気を温めるため、

 

ジョーク または面白いショートストーリーを話すのですが、

 

実は面白さが伝わらないとシーンとしてしまい、

 

場を凍らせてしまう こわ~い役でもあるのです。(笑)

 

次の話は実話をもとにしたジョーク(のつもり)です。

 

皆さんだったらどういうオチを作りますか?

(日本語は英語の後にあります)

 

………………………………………………………………………

It happened a little after my son entered junior high school.

One day he came back from school with his head down.

 

“What’s the matter, Tomo?

Did something happen at school?”

 

“ I got my tests back today and I got 25 points on geography.”

“25 points out of 100?”

“Yes, out of 100 but Takeshi got 20”

“Well, maybe the exam was too difficult.

 

Then it’s not your fault.

It’s your teacher’s fault.

 

Did everyone get such low scores?” I asked.

Then he looked sad again.

“No, Hajime got 90 points ”, he looked as if he was going to cry.

“Don’t worry, Tomo. It’s your first exam.

 

I am sure you’ll do better next time.

Look at this way.

 

Hajime can spend hours and hours studying for exam

 

but all he can get is ten more points. 

 

He can memorize everything in the text book

 

but all he can get is ten more points.  How disappointing!

 

 

On the other hand, if you get 50, you will double your score.

If you get 75, you will triple your score and

 

If you get a 100, you will quadruple your score.

If you are working for a company and

 

if you make the profit four times more,

 

you will be promoted as a president!

His eyes lit up and he said happily.

 

“That means, if Takeshi gets a 100,

 

he will make his score 5 times more! ”

 

“ That’s right!  I told you. You are a smart boy.

 

You are good at math just like your mother! ”

 

A big smile came back to his face.

 

“ Thanks, mom” He went to his room.

 

 

“What a great  mother! ”  I was proud of myself.  

 

 

The next day, he came back excited.

“ Mom, mom, I got a better score! “

 

“ Wonderful!” “What did you get?”

“ You see, if I get a 100 next time I will make my score 10 times more.

 

Look!  I got 10 points on math!”

 

息子が中学生になった新学期のこと。

 

ただいまも言わずにうなだれて帰ってきました。

 

心配して聞くと地理の試験で25点をとったとのこと。(中間試験)

 

思わず聞いてしまいました。

 

母「それって100点満点?」

 

息子「そうだよ。 でもたけし君は20点だった!」(笑)

 

母「みんなそんなに悪い点数だったの?だったらそんな難しい問題出した先生が悪いんじゃない~?」

 

息子(悲しそうに)「。。。はじめ君は90点だった」 

 

そして今にも泣きそうな顔

 

なんだか可哀想になってきました。

 

母 「Tomo 初めての試験だったんだから、次はもっとできると思うわよ。

 

こう考えてみたらどう? 

 

はじめ君は、これから どんなに勉強しても10点しかあがらない。

教科書ぜーんぶ暗記しても10点だけ。

 

それに比べてあなたは、50点取ったら2倍。

75点で3倍 

100点取ったら なーんと4倍よ! 

 

もしあなたが会社に勤めていて収益4倍にしたら、

 

会社の社長になっちゃうわよ!」

(クレッシェンドで盛り上げながら)

 

息子の顔は輝き こう言いました。

 

「じゃあ たけし君は、100点とったら5倍になるね!」

 

「そうよ! 数学が得意なのね。お母さんに似て。。。」

 

「ありがとう、母さん!」

 

そう言って息子は 二階に上がっていきました。

「なんていい母親なんでしょう! 私って!」

 

次の日 嬉しそうな息子の声が聞こえてきました。

 

「母さん、見てみて! 

次100点取ったら、10倍だよ!

 

 ほら数学10点!」

 

 

いろんな面から見られるのがユーモアセンス。  (^o^)/ 

img_3892

 

 

 

お知らせ

★2021年春のユーモアコミュニケーションコースの申込みが始まりました!
→日本語クラスはこちら    →英語クラスはこちら

「2020年、ライフハッカー読者が最も購入した「ビジネス書籍」ランキング」で1位になりました!!

ライフハッカーの本の紹介はこちら
※Kindleでも購入できます。