5月2日放送のプロフェッショナル 仕事の流儀にわずか12歳でデビューした天才ピアニスト牛田智大(うしだともはる)さんが出てました。

松岡修三氏の最初の質問はピアノの上においてあった猫のぬいぐるみでした。

演奏がうまく行かずに泥沼化しそうなとき、ぬいぐるみを見るそうです。
そうすると緊張が一瞬ほぐれて、気持ちがリセットされると言っていました。

 

ユーモアクラスのKさんもピエロの赤い鼻をオフィスの机の上に置いて、仕事が上手くいかず、落ち込みそうになったときや、上司に叱られたとき、それを見て元気になるそうです。

子供っぽいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このグッズパワーって実はすごいんです!

私もユーモアを学び始めて 癒し系キャラクターを家のあちこちに置くようになりました。

IMG_3051

これは大昔息子がクリスマスに買ってくれた太陽電池で首を振る人形
「のほほん族 ひだまりの民」です。10年くらい経っていますが、まだ
首を動かしています。

 

 

陽だまりの民

 

そしてこれは下の息子が家を出て 寂しくなって代わりにクローゼットから出してきた
ピエロッタ。いつどこでどうやってゲットしたのか全く記憶がないのですがカラフルですね。

 

 

 

IMG_3054

 

これは、ねじを巻くと動きだすマーサさんの羊です。(笑)(メリーさんの羊ではなく)

 

 

 

IMG_3055

そして最後はお腹を押すと笑い出す人形、左が赤ちゃんの声、右はクレージーダック

名前の通り気が狂ったように笑います。

 

今年のユーモア治療協会の総会でもユーモアグッズいろいろと買ってきました。
お楽しみに!

15日の中級英語ユーモア&コミュニケーションクラスはおかげさまで満席になりました。次回は6月19日です。
初級英語ユーモア&コミュニケーションコースは、22日です。詳しくはこちらをご覧ください

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
5月からオンラインコース始まりました!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら