母は、5年ほど前から 地区センターの謡(うたい)のクラスに通っています。
ある日練習が終わって部屋を出ようとすると、入り口に立っていた60歳くらいの受付の女性に声をかけられましたそうです。

とても感心した様子でひとこと

「お腹、、、出てますねー!」

 

えぇー! ちょっと失礼じゃない?

 

 

でも母は、へへへと笑って、お腹をさすりながら、言いました、
「そうなんですよ。甘いものが好きなもんで。。。」

 

すると受付けの女性、一瞬きょとんとして、それから大笑い。

 

「いやだわぁ~『声、お腹から出てますねぇ』 と言ったのですよ」

 

そして自分のお腹をさわり、「お腹だったら私だって出てますよ。」とまた大笑い

 

 

この話を私たちにしながらも、母はまた思い出したようでした。 こんなに楽しそうに話す母は久しぶり。 見ていた私たちもつられて笑っていまいました。

 

実は、私の母は最近耳が遠くなってきて、 昨年の80歳の誕生日に子供たち3人で補聴器をプレゼントしようと計画したのです。でも耳のそばで話してもらえば、わかるから、いらないと強く断られてしまいました。

母が大笑いするのを見て、「買わなくてよかったかも」と一瞬思ってしまいました。(笑)

80歳のバースデーケーキ

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら