皆さんは、ラブレターを書いたことがあるだろうか?

私は遠い昔、教育実習に来た数学の先生に書いたことがある。

あの先生は、今はどうしているだろう~ (遠い目)

 

 

 

先日耳ビジプレミアム講座で 

脚本家の今井雅子さんの講座があった。

 

「くどき上手はチャンスをつかむ! 

脚本発想で書くラブレター講座」

 

今井雅子さんのウィキペディアはこちら

 

 

相手の心を動かすには、

まず自分の心が動くこと

 

予定調和の言葉ではこころに響かない。

 

そして相手のキャラクターを知ることが大事。

なぜなら相手によってツボが違うから。

 

といってジョークを話してくれた。

 

溺れている人を助けてほしいときに

それぞれの外国人乗客にこういった。

 

アメリカ人 「飛び込めば、ヒーローになれます」

イタリア人「 飛び込めば モテますよ」

ドイツ人 「そういう決まりになっています」

フランス人「やめときなさい」

日本人「みんなやっていますよ」  (^_^;)

 

かなりのステレオタイプだがおもしろい。

 

相手がどんなキャラクターなのか、何が好きなのか

知っておくと会話が違ってくる。

 

予定調和でない返しができるとくすっと笑える。

 

今井雅子さんは、外国で仕事をした時に、

「若い頃はきれいだったんでしょうね」と

言われたことがある。

 

そのとき、

「今はきれいじゃないってことですね」と

返してしまい、会話がそこで終わってしまった。

 

相手も気まずかったのではないだろうか。

 

「昔は綺麗だったんでしょうね」と言われとき、

「その時お会いしたかったですね」と返していたら、

きっと相手は笑顔になっただろう と振り返る。

 

私だったら、

「そうなんですよ。モッテモテだったんですぅ~」

とか

 

「はい、ボーイフレンド5人いました」

 

と真面目な顔で答え、

 

相手が

「え~本当ですか~!?」

とびっくりしたら、

 

「冗談ですよ」

と笑って答えただろう。

 

 

オープンチャットで投げかけたら、

こんな答えが返ってきた。

 

・「今はこころ美人なんですよ!」

・「確かに昔は若くて綺麗だったけれど、

今のほうがもっと綺麗で、

魅力があると思っているんですけど!」

・「やぁだ、過去形~~!?」とIKKOUみたいに言う。

 

さすが! こんな風に私はオープンチャットのライブで話すときも

質問したり、スタンプで答えてもらったりしている。

(オープンチャットは下のライン公式アカウントからお入りください)

 

これもユーモアクラスのエクササイズの一つに取り入れようっと ♪

 

(2024年春ユーモアコミュニケーション10回コースは火曜日のクラスも

残席1名。 相手と楽しい会話を楽しみたい方はこちらをご覧ください)

 

 

私が今井雅子さんの話の中で感動したのは、

映画(ドラマ)の現場で用意されるお弁当の話だった。

 

最初は何種類かのお弁当が用意されていても

先に仕事が終わった俳優さんから選んでいくと

最後は一種類のお弁当しか残らないこともある。

 

そんなとき、

「あ~肉がよかったのに~」

と言う俳優さんもいるらしい。

 

それに対して、スタッフが、

「すみません、魚しかなくて」

と言った時に、

 

「これが食べたかったんだよ!」

 

と言った俳優さんがいた。

 

もちろん本当に魚が好きだったのかもしれないが、

もしそうでなかったとしたら、

現場の苦労がわかっての言葉だとしたら、

なんて素敵な人なのだろうと思う。

 

私だったら

いっぺんにその俳優さんのファンになってしまう。

 

こんな返しができる人になりたいと思った。

 

耳ビジ(耳で聴くビジネス書)&プレミアム講座についてはこちら

 

今日はこれから家族旅行。6年ぶりの旅行なので、ワクワクだ。

 

お知らせ  

★第9期ユーモアコミュニケーション10回コースは、おかげさまで全クラス満席になりました。 来期の申し込みは8月です。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル