夫が退院してから5日が経った。

 

1ヶ月間は車の運転ができない。

 

ということで私は、

駅への送り迎えに加え、

リハビリのため、病院への送り迎えもする

アッシーになった。

 

 

病院の駐車場はそれほど広くないので、

場所によっては、車を停めるのに、かなり技術を要する。

 

1回目の面会に行ったときのこと。

一箇所だけ空いていた場所にバックで停めようとしたものの

にっちもさっちも行かなくなってしまった。(^_^;)

 

そこに、一組の夫婦が戻ってきた。

私の車のせいで、車が出せない。

 

正直に「すみません、運転が下手なもんで~」というと

温和そうな旦那さんが

「まっすぐこちらに進んで~」などと指導してくれて

それに沿って少しずつ車を動かしていった。

「ハンドルを思いっきり切って~」

何回かやってみたものの、

希望の光は見えなかった。(^_^;)

 

そうこうしているうちに、

別の人が車を出してくれたので、

そちらに停めることにした。

 

ご夫婦にお礼を行って、

車を移動。

ところが、そこも結構時間がかかって、

結局、ご夫婦の車が空いた場所に停めた。

 

車を停めるのに、

15分以上かかってしまった。(^_^;)

 

そんな時、焦る人もいると思うが、

頑張って前にいったりハンドル切ったり

している自分が、可笑しい。

 

そんなことなら、最初っから、

停めやすいところが空くまで、

待っていればよかったのかもしれないし、

次回はそうするかもしれないが、

試行錯誤で色々やってみるのも面白い。

 

午前中は、係のおじさんがいるようだ。

 

車を停めるとき、声をかけてくれた。

「出る時、出やすいように右の方に寄せておいたほうがいい」

私のように運転が下手な者にとっては、

声をかけてくれる人がいるのはとてもありがたい。

「行ってきます!」

「気をつけて」

駐車場でのほんの短いやり取りだけれど、

ちょっと気持ちがほぐれる。

 

そのおじさんとも顔見知りになりそうだ。

 

今日は、2週間ぶりに母としりとりをした。

ただやるのでは面白くないので、条件を加えている。

野菜や果物にしたり、4文字以上だったり。

 

今日の縛りは、同じ言葉で終わらないことにした。

 

 

 

 

 

アイパッドを忘れたので、

紙に書いたのだが、

紙に書くと記録が残るので、

これもこれで良かった。

 

白樺、バケツ、杖、エホバ、バナナ、苗木、ギター、タンゴ、ごまめ、

目薬、リモートコントロール、ルワンダ、だるま、マザー牧場などなど

 

偶数の言葉が母が言ったことば。

エホバ、マザー牧場には感心した。

 

しりとりのワードもどんどん進化させていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ  

★第9期ユーモアコミュニケーション10回コースは、おかげさまで全クラス満席になりました。 来期の申し込みは8月です。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル