先月始め、アメリカ(ノースカロライナ)で

親しくしていた友人から一通のメールが届いた。

 

息子が8月の末、

マレーシアで結婚式をあげるので、

日本にも立ち寄るというのだ。

 

私たちが帰国したのは

1999年の夏だったので、

24年ぶりだ。

 

カリー家とは同じコミュニティーで暮らしていたのだが、

子どもたちが同じ小学校に通っていたことで親しくなった。

 

 

 

ノースカロライナ州の州都Raleighに住んでいた。

 

 

ちょっと変わっていると感じたのは、

当時小学校4年生だった息子ブロンソンのペットが

タランチュラという蜘蛛だったということ。(^_^;)

 

あえて写真は出さないので、

興味がある人は調べてほしい。

 

蜘蛛をペットにしたい男の子も特殊だと思うのだが、

それを許せる両親も只者ではない。

 

子どもたちの年齢が近いということで、

アパートを出て一軒家に引っ越してからも仲良くさせてもらった。

 

カリーファミリーは、とにかくアウトドア派。

 

うちの夫はインドア派(家の中にいるのが好きなだけだが)

カリー家のおかげで息子たちは、

釣りやキャンプという貴重な経験をさせてもらった。

 

 

といっても長男は全く覚えていなかったが (^_^;)

 

 

 

初めて魚をつった瞬間!

 

アメリカの思い出として強烈に残っているのは、

コオロギハンティングだ。

ある晩、ブロンソンの母親から、

タランチュラの餌コウロギを捕まえるので、

一緒に来ないかと誘われた。

 

 

「夜にコオロギ探し?」

 

なんだかよくわからないけど、

面白そうだったので、

晩御飯を済ますと家族総出で

懐中電灯を片手に外に出た。

 

よくわからないけど、

「なんか面白そう~」と思ったら

とりあえずやる。

 

これはユーモアセンスを磨く上でもとっても大事。

 

 

子供と大人と10人くらい。

 

子どもたちは、コオロギ探し、

大人たちはおしゃべりしながら

アパートの近くの林を歩いた。

 

どんな風に捕まえたのかとか、

結局何匹捕まえたのかとかは全く覚えていない。

 

だが、その時のワクワク感は今でもよく覚えている。

 

夜道をただ散歩するのとは違う

子供が遊ぶときに感じるときめきがあった。

 

 

アメリカでの楽しかった出来事として

思い出されるのは、

有名な観光地に行ったことや、

ミュージカルを観に行ったことではなくて、

友人と過ごした非日常な出来事だ。

 

タランチュラの話をしたとたん、

全てすっかり忘れていた長男が

「思い出した!」と叫んだ。

 

今回その話をしたあとで、

「よくタランチュラを飼うのを許したね」

と友人に言うと、

もともとはサソリがほしかったらしい。(^_^;)

 

今はロタ島で コウモリの研究をしているブロンソン。

三つ子の魂百までだ。

 

そしてなんと新婦はトラの研究者だという。

 

1日目は家族全員で居酒屋で、

2日目は私だけ上野で会って話すことができた。

 

(2日めは話に夢中になりすぎて

一緒に写真を撮るのを忘れてしまった!)

マレーシアの結婚式の話が楽しみだ。

 

 

カーリーファミリーと♥

お知らせ  

★第9期ユーモアコミュニケーション10回コースは、おかげさまで全クラス満席になりました。 来期の申し込みは8月です。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル