温かいコミュニケーションの場を作るのには

いろんな技術があるが、

話すスピードをどれだけ意識しているだろうか。

 

 

父の日に母2人に会いに行った。

最初は施設にいる義母のところへ。

 

部屋に入ると、

夫を指して悲しそうな顔で

 

「誰だかわからない~」

というので、

 

「お母さんの息子ですよ」

とまともに答えてしまったが、

 

「お母さんの恋人ですよ~」と言ってみたら

どんな反応しただろう。

 

「お母さんの旦那さんです」

「お母さんのお父さんですよ」

「お母さんの孫です」

 

すぐ実験したくなる。(笑)

 

 

前日仙台にいる義母の妹から届いた。

 

 

母と一番仲のいい叔母だ。

部屋から電話をして母と話してもらうことにした。

 

「ねえさん、どうしてる~?」という明るい声が

ゆっくりで優しい。

 

「わたし、もうめちゃくちゃなのよ~」

と嘆く義母に

「めちゃくちゃだっていいのよ~」

 

妄想で法事のことを義母が言っても

「ほうじねぇ。ほうじがあるのねぇ」

と受け止めてくれる。

 

夫は、

「もう自分が行ったから行かなくていいんだよ」

なんてまともに答えていたが、

 

やり取りが多い方がいいのだと

叔母との会話を聞いて思った。

 

叔母の話すスピードは、とってもゆっくり。

いい感じで会話のラリーが続く。

 

私の場合、明るい声なのだが、スピードが少し速かった。

 

義母が

「あなたたちは、明るい  けど、

わたしは、暗い。 重い」

 

というので、すかさず、

「お母さんは、体重は軽いのにねぇ」

なんてツッコミ入れてしまった。

(一瞬笑ってくれたが)

 

次に話す時は、もう少しスピードを遅く話そうと思った。

速度倍速でいったら、0.8くらいだろうか。

 

子供と話すときもイライラしていると

早口で話しがちだが、意識してゆっくり話すと

子供も落ち着いてくる。

 

あるときそのことに気づいて、

今から10年以上前子育てに悩んでいた人に

「ゆっくり話してみたら」と自分の経験談など

伝えたことがある。

 

その後、電話があり、興奮した声で

「すごい効果ありました~!」

と連絡があった。

 

すっかり忘れていたが、

叔母のゆっくりな明るい声を聞いていて

そのことを思い出した。

 

施設を出て、今度は、母がいる実家へ。

私の母とはいつものしりとりでもりあがったが、

この話はまた後日に。

 

スピードを意識して話す。

 

今日の英会話クラスでは、意識して0.8倍速で話してみよう!

お知らせ  

★第9期ユーモアコミュニケーション10回コースは、おかげさまで全クラス満席になりました。 来期の申し込みは8月です。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル