昨日夜11時前に家を出て、

今朝5時に家に戻った。

初の朝帰り。

 

 

想像を裏切って申し訳ないが、

 

実は、施設にいる義母が昨晩遅く吐血し、

救急車で運ばれると電話があったのだ。

 

夜の10時だった。

 

最初に救急隊員に質問されたのが、

延命治療のこと。

 

場所が決まり次第、

私達も病院に向かうつもりで、スタンバイ状態。

ところがなかなか電話がない。

 

40分以上経ち、こちらからかけると

まだ搬送先の病院が決まらないとのこと。

5つの病院に断られたと言われた。

 

よくニュースで聞く状況だ。

 

もしかしたら、

こちらもいくつかの病院にあたっていたら

よかったのかもしれない。

 

長い夜になりそうだったので、

軽く腹ごしらえをする。

納豆卵かけごはんでパワーアップ!

 

そしてその10分後、

中区の病院に運ばれたと電話があり、

夫と二人車で病院へと向かう。

1時間くらいかかりそうだ。

飴玉とお煎餅とお茶を入れる。

 

 

外は真っ暗。

 

カーナビがあるのはありがたい。

 

ETCカードは、めったに使わなかったので、

新しいカードに変更していなくて、

行きは現金で払った。^^;

 

 

 

帰りの料金所では現金も受け付けず、

住所、電話番号、車の情報などを手書きで書き、

後で請求書が送られることになった。

 

昼間の混んでいる時間帯でなくてよかった。^^;

 

救急病棟に着いたのが、ほぼ真夜中。

それから1時間ほど待ち、

ようやく先生の話。

緊急を要する処置は今のところ

必要なさそうだ。

 

原因解明と検査のリスクなど詳しく話してもらい、

それに対してこちらの意見も伝えた。

 

義父が入院したときも、

いろいろな処置があり、

それは本当に必要なのか、

医師に確認したりしたことを思い出した。

 

夫が、10枚ほどある紙にサインをしている間に

医師が席を外したので、

そこにあったベッドに横になりたかったが、

そこは抑えた。(笑)

 

病院を出たのが、朝の4時すぎだった。

出かけるときは明るくて、

帰るころには暗くなるは

何度も経験しているが、

 

家を出た時は真っ暗で、

戻るときは明るいというのは、初めてだ。

 

 

何でも経験。

60代夫婦 久々の徹夜&朝帰りだった。

 

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル