今日は子供の日。

 

楽しい一日になるはずが、

朝キャッシュカードがないことに気づき、

午前中は、ひたすら捜索活動に明け暮れていた。

日曜日に駅のATMでお金を下ろしたことは覚えているのだが、

その時、お財布に戻さず、バッグのポケットに入れたのが

悲劇の始まりだった。

 

 

お金をおろしたのが、

電車に乗る前だったか、

戻ってきてからだったか定かではない。

でもどこかでバッグが倒れて、その時

中から出たとしか思えない。

 

まずはインターネットバンキングで

残高チェック。

大丈夫。

盗まれてはいなかった。

 

それにしてもどこに行ったのだろう。

どうして見つからないのだろう。

 

この不安感、久々だ。

毎日幸せな日々を過ごしていると

不安な気持ちを味わうことはないので、

この気持ちをじっくり味わうのも大切だ。

 

とは言え、深刻に探すと言うより、

気楽に探していた。

 

夫は自分もよくものを無くすので、

一緒になってさがしてくれたのだが、

そのとき孫がぬいぐるみのミーフィーを

さがしていた時、高い舌っ足らずの声で

「ミーフィー とこたろ~」

というのを真似して

「とこたろ~、とこたろ~」

と言いながら、探していた。(笑)

 

ユーモアクラスでは、

悪いことが起きても

声のトーンを変えて

明るく言う練習をしている。

「キャッシュカードなくしちゃった~」と

楽しそうに言うと、

焦りが減少する。

 

 

FBにもアップした。

経験者がいるかもしれないと思ったからだ。

 

すると次々とコメントが入った。

「それは心配ですね。出てくるといいですね」

という寄り添いのメッセージや

「大丈夫です。きっと出てきます」という

予祝系のコメント。

 

「念のため、うちでもさがしてみるね~」

「診察券ならたくさんあるのにね」

「左手に持っていませんか?」

「冷蔵庫かも?」

なんて笑わせてくれるものもありました。

失せ物出てくるおまじないを送ってくれた人もいました。

ありがたいことだ。

 

FBは、いいこと、楽しいことを書くことが多いが、

失敗したことや残念なときに、

コメントをたくさんいただけるのは、とても嬉しい。

そういえば、3,4年前、きんとんに砂糖の代わりに塩を入れたことを

FB投稿したときも反応がすごかった。

 

話を銀行キャッシュカードにもどそう。

家の中でみつからない私は、交番と駅の事務室に行った。

交番に入ると 70歳くらいのおまわりさんが、

パソコンに何か打ち込んでいた。

いかにもパソコン不得意そう。。。

名前を言うと、PCに打ち込んでくれるのだが、

一本指でゆっくりうっていた。

なんか笑いそうになった。

 

私が入って2分も立たない時に若い女性が

中に勢いよく入ってきて、

「白い財布届いていませんか?」と聞く。

 

私の他にも 物失くし人がいて嬉しかった。(笑)

結局どちらにもなかった。

お店にも電話したが、今のところどこにもない。

どこかで落として、誰かが拾ってくれたことを願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル