もしあなたが物心ついたときに

顔の半分の血管が大きく、

こぶとりじいさんのようだったら

どう感じただろうか。

 

外を歩く度に

「あ~!」とジロジロ見られたり、

指をさされたりするのだ。

 

子供は残酷だ。

 

藤沢あゆみさんは、

血管腫という病気で1歳8ヶ月のときには

血管がかなり大きくなって死にかけたこともあったそうだ。

 

ある日お母さんが作ってくれたワンピースを着て

外を歩いていたら

同じくらいの年齢の女の子が

「あっ」と言って自分を見た。

 

また顔のこと言われるのかと

身構えたら

その子は違った。

 

すれ違いざまにこう言ったのだ。

 

 

 

「服 かわいいね」

 

 

そんなこと言われたことなかった彼女は

おどろいた。そして気づいた。

 

服がかわいいと、

顔じゃなくて、服を見る人もいるんだ。

 

 

いいことを増やせば

いい方に目がいくんだ。

 

 

私は藤沢あゆみさんと実際にお会いしたことはないが、

かなり派手な衣装らしい。

 

八代亜紀か藤沢あゆみかと言われるような格好で

パーティに参加したこともあるとか。(笑)

 

 

藤沢あゆみさんは、

小さいながら思った。

 

………………………………..

 

この顔は一生治らないだろう。

でも、いじめられっ子や寂しい子にはなりたくない。

人生損したなんて思いたくない。

 

そのためには人気者になろう。

 

どうしたら人気者になれるだろう。

そうだ、文章を先生に褒めてもらったことが

あるから文章を自分の長所にしよう。

 

持っているものが少なすぎるから

どんどん足して行こう 

いい要素を増やして

ポジティブな方向に向かおう と。

 

……………………………………..

想像するだけで、涙が出そうになる。

 

よくぞ、そう考えてくれた! と

小さいあゆみちゃんを抱きしめてあげたい。

 

これはクラブハウス「耳ビジ」で聞いた話だ。

1週間は聞くことができるので、ぜひ

聞いてみてほしい。

 

 

そしてこの本、

まだ途中だけれど、

とても詳しくWEB文章の書き方が書かれている。

 

私は子供の頃、書くことが好きではなかった。

文章を褒められたこともない。

 

逆に「一度も文集に載ったことがないわね」と

小学生のとき言われて、苦手意識を持っていた。

 

けれどユーモアの大切さを文章でも伝えたい。

 

真面目をゆるめたら楽になるよ

ということを知ってほしい。

 

ネガティブな状況でも見方を変えたら

楽しい方向に進むことができるんだよ

と発信していきたい。

 

マイナスだと思ったらプラスを足していけばいい。

 

この本をテキストとしてライティングを磨くコースにも参加することにした。

ユーモアの大切さを文章でもっと伝えられるようになりたいから。

ひとつずつプラスを足していったら、

10年後にはすごいことになっているだろう。(*^^*)

 

 

 

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル