ユーモアコミュニケーション10回コースは、リピーターが多い。

今回3期目だったMさんは、

ここ1年半 アメリカから参加してくれている。

 

一期目は仕事で少し休みがちになり、

参加するのに気が進まないときもあったそうだ。

 

ズル休みもしていたらしい。(笑)

 

 

 

ところが1期目の後半、

 

「うまくやろうとしないで

ダメな自分に慣れることが大事なんです」

 

という言葉が響いたようで、

重い頑丈な上着を さっと脱いだ。(@@)

 

2期目は、

 

「え~そんなことまで言ってしまっていいの?」

 

というくらい自分をさらけ出してくれた。

 

 

実はMさんは、大手部品メーカーの執行役員。

 

とても偉い人なのだが、

ユーモアクラスでは全くその偉さを感じさせない。

 

一応 ホメています。(笑)

 

とても親しみやすいし、

ジェスチャー、表情も大きくて

聞いていて楽しい。


これはアメリカでもとても役に立ったとか。

それまではアメリカ人の中で浮いていた気がしたのが、

溶け込めるようになったそうだ。

 

以下はMさんの今期の感想だ。

 

 

今回の10回はとても充実した半年間でした。

プライベートでも大きな転機があり、

それを笑ってポジティブに受け止めて、

また未来に向かって歩き始める事が出来たのは、

このクラスの影響が大きいと思っています。

 

 

越えられない壁は無いと言いますが、

むやみに立ち向かっても跳ね返されるだけ。

 

自分の状況や感情を客観的にみたり、

笑い飛ばしたりしながら、

壁と仲良くなれば、

こっそり、ちょっとスキマを開けてくれたりする。

 

そんな事を学びました。

 

 

跳ね返されているところを描きたかった。^^;

まだうまく表現できないが、

それでもアップする。

この態度が大事 (自画自賛)

 

 

 

 

まじめな人は、とにかく壁に真正面から

ぶち当たろうとする。

 

そして傷つく。

 

横とか、下とか、見る心の余裕がない。

 

ユーモアセンスがあると

ものごとを広く見ることができるようにになってくる。

 

 

ドイツに移動になったら、

朝のクラスの時間が夜中の1時だから、

今期が最後だと思っていたのだが、

平日のクラスに移動して

続けて参加するという。

 

 

こちらも気が引き締まる。

 

私もメンバーの皆さんからたくさんのことを学んでいる。

他のメンバーもお互いから学びあっている。

 

壁と仲良くなって、

隙間をあけてもらう

 

ユーモアを表したとてもいい言葉だと思う。

 

 

 

 

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル