私の尊敬するユーモア&笑いの専門家レニーラビッチは、イスラエル在住87歳

 

先日 多忙な息子と久しぶりに食事をしたそうです。すると突然息子の携帯がなりました。息子が横を向いて話している間中 レニーはひとりさびしく食べていました。息子が話し終わるとレニーは携帯を出して息子に電話をかけました。

「何で?目の前にいるじゃないか」という息子ににっこり笑って一言。

 

「お前と話したいんだよ」

動画はこちら

 

何も言わなければ小さなストレスが体にたまっていきます。といって「久しぶりに会っているんだ。電話なんかするな」といえば雰囲気が悪くなります。こんな風にユーモアで返せたらいいですね。

 

先週参加した朝活のアイスブレーキングで

「最近読んで感動した本」を隣の人とシェアしました。

 

司会者が「では何人かに聞いてみましょう。」と私に振るので、バックの中の本を出して見せました。その日の講演者、山口拓郎氏の本「伝わる文章の書き方」です。  まるで打ち合わせしたような良い流れ。(笑)

 

「ありがとうございます。ではもう一人、、、きれいどころで、、、」と司会者が若い綺麗な女性を指そうとしたので、思わず彼のひじを引っ張って

「私には言ってくれなかったー!」とおばちゃんつっこみを入れました。

 

「するどい突っ込みですねぇ。きれいですよー」と全く感情のこもってないフォロー(笑)

会場大笑い。

 

昔だったら「ふーんだ。どうせ、私はきれいじゃないですよーだ!」なんていじけていたと思います。 でも明るく突っ込むと自分も笑えるし、相手も気づくので できるときは おばちゃん突っ込みをいれるようにしています。

 

「えっなに?」「マーサはおばちゃんなんかじゃないって?」

 

すばらしい突っ込みありがとうございます!                2015.7.28

 

 

 

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら