「〇〇は素晴らしかったです」

「〇〇は良かったです」

「〇〇さんは素敵でした」

 

私の文章に頻繁に出てくる形容詞。^^;

「あ~語彙力がないなぁ~」と凹む。

 

語彙を増やすには読書とわかっていても、

老眼で目はしょぼしょぼ。

 

読んでわかる言葉 理解語彙が4~5万語に対して、

実際に使える言葉 使用語彙は3万語かそれ以下だといいます。

 

読んで意味はわかるけれど、

いざ書くとなると、同じような言葉ばかり使ってしまう。

そんな人のための本がこちら。

 

 

 

文章の専門家 山口拓朗先生の新書

『マネするだけで「文章がうまい」と思われる言葉を一冊にまとめてみた』

では、汎用性の高く、使い勝手のいい文章表現&フレーズ250個以上を紹介しています。

 

英会話クラスでは、よく使うフレーズを覚えてもらい、

自分の文章を作ってもらっていますが、

 

まさにその日本語版。

 

I’m good at~ 〇〇が得意だ 

を覚えて

I’m good at cooking.

と自分のことを言うように

 

「類をみない」「にもかかわらず」「身につまされる」などの

フレーズを使って文章を書く練習ができるのです。

 

 

 

出版記念講演会でもワークの時間があり、

作った文章を近くの人とシェアする時間がありました。

 

フレーズを使って文章を作るのは面白いですね。

 

オンラインでも皆さんが、

チャットで文章を作る機会があったのですが、

とても盛り上がりました。

 

ある程度練習したら、

カードにフレーズを書いて

文章を作るゲームにしても面白そう~ ♫

 

語彙が増えるのも、さることながら、

おかしな文章も出てきて笑えそうだ。

 

「もさることながら」を使ってみました。(*^^*)

 

講演の録画視聴まだ申し込めるそうです。

語彙力をつけたい方は、ぜひご覧ください。

お申し込みはこちら

 

 

ライティングサロンのメンバーと。

 

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。