私が週2回教えて行っている

シニア英会話クラスは、

「シニア世代のレクレーション、学習、交流」

「介護予防 健康づくり」の場です。

 

 

 

 

長年海外で暮らしていた方から、

70代になってから英語を勉強し始めた方まで

いろんな方がいます。 

 

 

英語のレベルは違うのですが、

皆さんにお伝えしているのは、

 

英会話より ええ会話!

 

 

シニア英会話クラスを担当する前に

元お笑い芸人の三好秀典さんから聞いた言葉ですが

今のクラスにピッタリです。

 

 

 

正しい英語を話すことより、

相手と楽しい会話をするほうが

ずっと大事。

 

そのため、アイコンタクト、表情、

リアクションを大げさにすることなど、

しつこく言い続けています。

 

 

とても英会話のクラスとは思えない風景(笑)

 

 

誰か近くに来たら、顔を上げて

笑顔で 相手の目を見て

Hi!ということ。

 

 

マスクで聞きづらいので

身振り手振りを使って

相手にわかってもらおうとすること。

 

 

 

相手の言うことに大げさに

リアクションをすること。

 

 

最初に教え始めたときは、

多くの人がテキストばかり見て、

会話しようとしていませんでした。

 

言葉より相手と話すのが楽しいという

気持ちを伝えることが大事です。

 

 

Nice to meet you !

お会いできて嬉しいです。

初対面の人との挨拶も、

 

真顔だと、

「本当に Nice と思ってますか~?」

と突っ込みます。

 

すると思わず笑って、

2回めは笑顔で言ってくれます。

 

表情を豊かにする

目を細めて、大きくする練習は、

会話のときにとても役に立ちます。

 

I like fishing.

と言われて、

無表情で聞かれるのと、

 

Fising! と眉を上げてびっくりした顔で言われるのと

どちらが嬉しいでしょう?

びっくりされたほうが嬉しいですよね。

 

 

 

クラスの最後に

お互い

 

Nice talking to you!

Nice talking to you, too!

 

「お話できて嬉しかったです」

と言い合うと 

今まで以上に笑顔が増えることに気づきました。

 

 

Have a nice weekend! よい週末を!

Have a nice day! よい一日を!

 

 

と相手の幸せを願う言葉は言うだけで

気持ちがいいものです。

 

Have a nice weekend! 

と言われたらなんと返したらいいかというと、

 

便利なのが、

 

Thanks. You, too.

 

ありがとう。あなたも 

です。

 

短い文章なのですが、

練習しているだけで、

なんだか温かい気持ちになってきます。

 

「お先に失礼します」

は、次に日に会うのであれば、

 

See you tomorrow!

次の週だったら

 

See you next week!

 

お先に失礼しますは、

お辞儀をして言いますが、

 

See you tomorrow! は、

手を上げて(あげなくてもいいですが)

相手を見て挨拶します。

 

 

簡単な英会話で

距離がどんどん縮まる。

とっても嬉しいです。\(^o^)/

 

 

外国人と話すための英会話ではなく、

 

日本人同士の距離が縮まる英会話

 

ええ会話のための英会話 

 

広めていきたいです。

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。