事故にあったり、病気になったりしたとき、

人は笑うことを忘れてしまう。

 

 

15年前アメリカで交通事故にあった。

小学校が始まる3日前のことだった。

 

 

救急車2台が来た。

人生はこんな風に一瞬でひっくり返されるのだと知った。

 

夫は膝を骨折、

長男も腹部をつよく打ち、入院。

 

私も1週間後、手を怪我していたことがわかった。

 

夫の足の手術の日は、

朝から二人ともほとんど口をきかなかった。

「麻酔から目がさめなかったらどうしよう」

「何かあったとき、専門用語がわかるだろうか。」

 

私は重い気持ちで車いすを押して待合室に入った。

夫はギブスをはめ、私は手に白い包帯を巻いていた。

 

すると恰幅のいい50歳くらいの看護婦さんが、突然叫びだした。

 

「あ~ら、どっちが先だったの? あなたが奥さんを蹴っ飛ばしたの?

それともあなたが旦那さんをパンチしたの?」

 

 

それを聞いて私たちは思わず、声をあげて笑い出した。

それは久しぶりの笑いだった。

 

その途端、それまで私をぎゅーと抑えつけていたものが、

ふっと取れて体が急に軽くなった。

 

息が吸えるようになった。

 

笑いの力ってすごい!

さっきまで不安な気持ちで押しつぶされそうだったのに、

30秒くらい笑っただけで、こんなに軽くなったのだ。

 

「きっと上手くいく」そんなふうに思えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル