ユーモアセンスは、ものの見方。

 

普段と違う見方ができると面白く感じます。

 

 

最初のウォーミングアップ

気分を上げるために、いろんな笑いを体験してもらいました。

 

感情は、動作を調整することによって

間接に調整することができる。

 

したがって快活さを失った場合

それを取り戻す最善の方法は、

いかにも快活そうに振る舞い、

快活そうに喋ることだ。

 

ウィリアム・ジェームズ

声を出して笑ったら、心がほぐれました。

 

今週のテーマは、発想力。

ユーモアコミュニケーションクラスの

常識の枠を外すトレーニングの一つが

3ワードエクササイズ。

 

3つの関係ない言葉を使って話を作ってもらいます。

 

ただし、3つのワードをいっぺんに言うのではなく、

1つ目のワードを使って話している途中に

2つ目のワードが聞こえます。

前の話につなげて2つ目のワードを使い、話し続け、

同じように3つ目のワードもつなげます。

 

その場で考えなければならないので、

瞬発力も鍛えられます。

 

最後にできた話を発表してもらったのですが、

同じ言葉なのに、作ったストーリーが

みんな違ってとっても面白い!(*^^*)

 

例えば、

「リビングルーム」「虫」「大福」の3ワードでできた話は、

・リビングに入ってきた虫に驚いて、大福を命中させた。

・リビングに入ってきた虫(アリ)が大福に向かって大行進。

・リビングの高いところにいた緑の虫が、落っこちたと思ったら、

 大福の上で、ぼよよ~ん、気持ちいい~♪

・リビングで虫のマフィアが大福パーティ

・リビングの中に入ってきた虫、大福の絵に向かっているけど、食べる気かしら?

 

こんな風に見方を変えると、「大福」でも 武器にもなるし、クッションにもなります。

 

事実は一つでもそれを広げたり、小さくしたり、

本来の用途と違うものにすることで、

頭が柔らかくなります。

 

今日のクラスでも奇想天外なアイディアが次々出てきて、笑いました。

今日のワードは、「とんぼ」「蓮根炒め」「しまうま」 でした。

あなたならどんなお話にしますか?

 

秋コースの募集は7月末からです。

12日の夜、16日の朝にクラスの雰囲気がわかる

ハッピーラッキーミー 1/2 アワー(無料)を開催します。

ご興味がある方は、お問合わせからお申し込みください。

お知らせ  

「ユーモアコミュニケーション秋コース」の申込みを開始しました!
 →詳しくはこちら

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。