一緒にいて楽しい人は、好奇心旺盛で、

面白そうだと思ったら、すぐ行動を起こす人。

いつもSNSで素敵な写真をシェアしてくれている

クリアさんもそんな一人です。

 

そのクリアさんに誘われて、

写真展に行って来ました。

1つ目が こちら。

 

 

 

 

 

 

東京都写真美術館です。

 

岩合さんと言えば猫の写真と思い込んでいましたが、

もともとはナショナルジオグラフィックの表紙になるような

写真を撮っていたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

これから好きな動物は?と聞かれたら

カピバラと答えることにします。(笑)

 

 

パラグアイカイマン(ワニ)の正面からの写真が

とてもユーモラスだったのですが、

こちらは写真撮れませんでした。

 

 

そしてタクシーで、東京都庭園美術館へ。

1933年に建設された旧朝香宮邸で、

とてもおしゃれな洋館でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで開催されていたのが、蜷川実花さんの写真展

「瞬く光の庭」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵だけでなく、部屋の装飾も楽しめるのがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映像の部屋もあり、布の上に次々と花や自然が映されて

不思議な感覚でした。

動画はこちら

 

 

旅行にはなかなかいけませんが、

写真展で実物以上の大きさの動物や

花を見ることで、

眠っていた感性が、目を覚ましたような気がします。

 

暑い中、美術館で涼みながら、

別世界を感じられる。

 

芸術の秋ならぬ、

芸術の夏もいいかもしれない。

 

持つべきものは、好奇心旺盛な友。ですね。(^_-)-☆

クレアさんに感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ  

「ユーモアコミュニケーション秋コース」の申込みを開始しました!
 →詳しくはこちら

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。