要約と聞くと

連絡、報告、説明など硬いイメージを持つ人が多いかもしれない。

 

けれど日常会話でも、

自分の言いたいことをうまく要約されると、

「そうそう、そういうことを言いたかったのよ!」

と嬉しくなり、

 

伝えたことに対してドンピシャの質問が来ると

「よくぞ、訊いてくれました!」

と満面の笑顔になる。

 

だからユーモアコミュニケーションにとって

要約力はとても重要だ。

 

 

今日は山口拓朗ライティングサロンの定例セミナーに参加した。

テーマは『要約力』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人生は要約の連続である」

という言葉はとても深い。

 

今日の講座で学んだ

2つの要約力強化の方法

 

1⃣ 発散 → 収束 

とにかくアイディアを出し発散して書きまくる

伝えベタの人は、普段のアウトプットが不足しているのだそうだ。

そして出したアイディアをグループ分けして優先順位をつける。

 

2⃣ 制限時間を決めて話す・書く。

伝えベタな人は長く話せばわかってもらえると勘違いしている。

 

山口拓朗氏は、

電車の中の10分で本の一章を書くこともあるとのこと。

 

ユーモア体質になるには、

ぼぉ~とする時間もとても大事なのだが、

頭が冴えているときは、(私の場合、滅多にないのだが 笑)

10分と決めて書くのをトライしてみようと思う。

山口さんは、私たちの投稿へのコメントも的確で早いのに驚く。

普段から短い文章を書いているからに違いない。

 

私たちが感動した 山口拓朗氏のTwitterがこちら。

「こういう文章を書きたい!」と思う作家を見つけたら、
とにかくその作家の文章を書き写そう。
1日1ページ書き写そう。
その文法、構成、表現、考え、哲学、鼓動・リズム➖➖をあなたの中に流し込むのだ。
「頭」ではなく、「からだ」に叩き込むのだ。その積み重ねが、あなたを「文章巧者」と連れていく。

 

こんなふうに短いけれど、

伝わる文章を書けるようになりたい。

 

まずは、時間制限を決めて書くことをしていこうと思う。

 

(と言いながら、このブログ書くのに、40分以上かかってしまった。とほほほ)

 

 

 

 

 

 

 

クラス終了後の様子。

 

お知らせ  

「ユーモアコミュニケーション秋コース」の申込みを開始しました!
 →詳しくはこちら

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。