やりました!

150文字アウトプット1年間全制覇です。

 

草刈マーサさん、

あなたは、2021年6月13日ライティングサロン入会後、

毎週月曜日に出される質問全てにお答えになりました。

ときには「こんな答えってあり?」という答えもありましたが、

過去に遡って一問一問に取り組む姿は、

他の多くのメンバーに感動と勇気を与えました。

(ほんとう?)

よってここに52問皆勤賞をお送りします! 

100問制覇を目指してこれからも書き続けてください。

パチパチパチ  パチパチパチ

 

すごい!

拍手が鳴り止みません!  

(笑)

 

私の自画自賛力、素晴らしいと思いませんか?

 

5月の定例セミナーで88問全問回答の皆勤賞ができ、

私の尊敬するメンバーが受賞されたことで

俄然やる気になった私は、

1週間1問のところ、過去に遡って1年間すべての

質問に答えることを決心しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

【短く伝える力を磨いて文章力アップ】

 

前から聞いてはいたのです。

山口拓朗氏もベテランのメンバーも言っていたのです。

 

150文字アウトプットは文章力を磨くのに

役に立つと。

 

でもすぐに答えが思いつかないと

諦めていました。

それに他のメンバーの書いたものを読むと

「とてもこんなに書けない~」

と萎縮していました。

でも150文字アウトプットは150文字でアウトプットしたらいいのです。

(そのまま言っているだけ 笑)

「え~っ?この問題難しすぎる~何を書いていいかわからない。。。
 どうして難しいかと言うと。。。」

と150文字書いてもOKなのです。

実際1問私はこの手法を用いてしまいました。^^; 

 

ということで、お待たせしました!

(えっ誰も待ってないって?)

ここで、草刈マーサが答えた150文字アウトプットを3つご紹介したいと思います。

 

第62回「あなたの ”文章を書くことに関する悩み”は何ですか?

悩みというのは、ある程度のレベルに達した人が持つものではないだろうか。

小さな子供は悩まない。歩いて転んでを繰り返す。

よちよち歩きだったワタシは、

ブログを2ヶ月続けてようやく2本足で歩くことに少し慣れてきたところ。

そして今150字アウトプットにチャレンジしている。

来年は悩める書き手になっていたい。(150字)

 

よちよち歩きというのは、

ユーモアクラスのメンバーが

自分のユーモア度を

赤ちゃんに例えて言っていたのが、

良かったので使わせてもらいました。

第63回 「あなたは1回だけテレビ番組に出演することができます。どの番組に出ますか?

ある日テレビをつけたあなたは驚くだろう。

NHKのテレビ体操にピンクのジャケットのマーサが出ているからだ。

出演者はおばあさん、エプロン姿のお父さん、スポーツウェアの青年、小学生の子供、スーツ姿の女性の5人。

コンニャクダンスから始まり、牛丼、天丼体操、最後は笑い体操。

「今日も一日笑ってお過ごしください!」

 

そして最後に150文字GOODアウトプット賞を頂いた答えです。

第64回あなたが、ドラえもんの道具をひとつだけ使えるとしたら何を使いたい?それで何をしたい?

 

 

 

 

 

耳につけるとどんな話でも笑い話に聞こえてくる「ゲラゲライヤホン」がほしいな。

1年以上笑っていない人につけてもらって大笑いしてもらいたい。

ひとり1分大笑いして1時間絵60人、24時間で1440人も笑わせることができるよ。

たのしい~♪きっとゲラゲライヤホンつけて笑っている人をみるだけで周りも笑っちゃうね。

ゲラゲラとまで行かなくても、

くすっと笑える文章が書けるように、

これからも書き続けて行きます。

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。