「母さんの顔はいつも引きつっていて不自然だね」

息子たちがまだ家にいるころ、写真を見せると

よく言われました。

だって集合写真のとき、

カメラマンが、

「はい、撮りますよ~、こっち見てくださ~い!」

なんて言うと、それだけで緊張してしまって、

その上、

「ハイ、チーズ!」と言われると

口は「チーズ」と言っているので、

横に引っ張られているけれど、

目がこわばっているので、

とても変。(´・ω・`)

 

 

一度だけ中学の時か、高校の時

カメラマンが、

「もしもしかめよ、

よく噛めよ」

とダジャレを言ってくれて

笑顔で写真を撮ってもらった覚えがあります。

 

カメラマンって、声掛けって大事ですね。

 

 

もしプロがいなくても

「チーズ」よりは、

「では皆さんで、自分のことを思って言ってみましょう!

『カッコイー!』」

とか言われたら少しはくすっとできそうです。

 

 

そのグループに誰か主役がいれば、

(主催者とか誕生日の人とか)

「〇〇さん、だーいすき~!」

とかでも笑顔になれそう。

 

「い~」で終わるちょっとくすっとできる言葉を集めておくといいですね。

 

 

昨日は、孫たちの初ベビーシッター!

 

息子夫婦が用事があったので、

幼児二人を用心深く見ていました。

(すみません、ダジャレ癖が ^^;)

 

 

先日ヨシタケシンスケ展に行ってきたそうで

こんな可愛い付箋をもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな付箋貼ったら、なんども読み返しそう~ ♪

『おしっこちょっぴり漏れたろう』も大人が読んでも

楽しめる深いメッセージが入っています。

本はこちら

 

 

そしてこんな写真も見せてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまんないかおでしゃしんをとろう!

いいですねぇ。

こんなふうに

最初に

「はい、つまんない顔してくださ~い!」

 

とつまんない顔をしてもらったら、

その後可笑しくて、

自然と笑顔になってくれそうです。

 

私がワークショップで集合写真を撮るときは、

ウォーミングアップで紹介したこんにゃくダンスみたいな

体操をしたり、

少し体を揺すってもらってから

撮ります。

体をほぐすことで表情も柔らかくなるんです。

 

 

昔は写真を撮られるたび、

顔がこわばっていましたが、

今はベースが笑顔なので、

以前のように緊張することがなくなりました。

 

 

これって、下地クリームを塗らなくても

美しい素肌でいられるみたいに

価値があると思いませんか?

 

 

 

「歳をとると

くしゃみしただけで漏れちゃうことがあるのよ」

と年上の女性に教えてもらったことあります。

(まだ私は大丈夫です! 笑)

 

もし、そうなっても

ヨシタケさんの本を思い出したら、

笑って過ごせそうです。

 

今日も笑顔でお過ごしください!

 

 

 

 

 

お知らせ

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。