去年の11月ころだったろうか、

シニア英会話クラスに途中から一人の女性が入ってきた。

70代半ばか後半か、年齢ははっきりしない。

 

ただとっても暗かった。

 

ダンナさんが亡くなったのか、事情はわからない。

レッスン中、ほとんどうつむいていて、目があっても無表情。

義母が一時期お世話になっていた介護老人保健施設の入居者のようだった。

 

(大丈夫なのだろうか。。。)

 

私の英会話クラスは、

最初にこんにゃくダンスや牛丼、天丼体操(英語版)などやるので、

「英会話クラスなのに、こんなバカバカしいことやらせるの~?」

なんて感じて

次のときから来ないのではないかと思ったが、

その後も毎回来続けている。

 

 

最初は、私も彼女の無表情な顔を見る度に、

テンションが下がりそうになったのだが、

少しずつ、変化が見えてきた。

 

 

ある時、ペアプラクティスの前に

「相手が、”I like drinking wine ” と言っているのに、

こんな顔(つまんなそうな顔を見せる)したらどうですか?

『それがどうしたのさ!』って

顔で伝えてますよね。」

と言うと

「にたっ」と笑顔になった。

(やった~!)

 

笑顔になる回数が少しずつ、増え、

表情が徐々に和らいで行った。

そして先週のレッスン後、

びっくりしてしまった。

 

 

教室の入り口で

クラスメイトと 一緒に声をあげて笑っているではないか!

この喜びは、

何か楽しいことをしているときの喜びとは違う。

 

じわじわっと内面から湧き上がってくる喜びだ。

 

暗かった人が明るくなって、

その上声を出して笑っているのが

とてつもなく嬉しい。

 

私が直接何か面白いことを言ったのではなく、

参加者同士が、何か些細なことで笑っている。

「英語すぐ忘れちゃうんですよね~」

「いやぁ、私も同じですよ~ハハハ」

 

人の笑顔ってどうしてこんなに素敵なんだろう?

自分だけでなく、周りもハッピーな気持ちにさせてくれる。

特に今まで無表情だったらなおさらだ。

 

 

洋服や化粧より明るい表情 (^^)

 

ユーモアアカデミーの講師 ジョイスから

健康の秘訣を教えてもらったことがある。

彼女は78歳で、いつも輝いている。

 

「『よく食べ、よく眠り、エクササイズ』は私のTo Do リストにはないの」

そう言って彼女の健康の秘訣を教えてもらった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.Choose extracurricular activities wisely.

賢く課外活動を選ぶこと 

自分が心地よい、楽しい活動で、

1⃣使命感、目的意識を感じられるもの  例えばボランティア活動など

2⃣達成感を感じられるもの 例えば言語学習など

 

Cultivate supportive relatioships.

お互い助け合える関係を作ること

 

強いつながりを持っている人は感情面でも健康である。

定期的に友人や家族との時間をつくる

一日一人に連絡を取って、

相手のことや暗くならない話題について話す。

また自分のこともさらけ出す。

 

3.Be grateful

感謝すること

特にあなたの愛する人に。

そしてそのことを伝えること。

 

誰かにムッとしたときには、

その人のいいところ、好きなところを少なくとも5個考えてみる。

そうすると5個以上思いつき、数え終わる前に笑顔になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

プレシニアとしてとても参考になっている。

Keep smiling!

 

 

 

お知らせ

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。