What do you think about it?

あなたはどう思う?  

アメリカに住んでいたとき、よく訊かれた質問です。

 

留学したてのときは、

自分が何も考えていなかったことに気付かされ、

恥ずかしい思いを何度もしました。

 

でも喉元すぎればなんとやらで、

しばらくするとそのことは忘れ、

結局毎日の生活に追われて過ごしていました。

 

Why? How? なぜ?どうやって?

と考えるようになったのは、

井上敏之氏の英語ディベートクラスに

参加するようになってからです。

 

一つの物事をいろんな角度から見る

トレーニングを繰り返すことで、

自分なりの意見が述べられるようになりました。

 

社会問題に疎い私でも続けられたのは、

馬鹿にされたり、けなされたりされず、

認めてもらえたからだと思います。

 

何を言っても受け入れてもらえる場所 

ユーモアコミュニケーションクラスでも

井上さんを見習って心がけています。

 

あれから15年近く経ちましたが、

井上さんは78歳の今でもディベートを続けています。

 

コロナになってからは、

20分オンラインディベートを編み出し、

司会➕ディベーター➕ジャッジという一人3役

という信じられないディベートをしているのです!

 

 

その井上さんが大事にしているのが

工夫、継続、練習、徹底

 

本当に、頭が下がります。

 

今日は、国際文化会館で、

井上さん主催の月一回の勉強会がありました。

名前は『自由時間』 ❤

 

 

 

 

 

 

 

 

10年以上通っていたのに、

5月人形を見たのは今回が初めてかもしれません。

 

20代から70代のメンバーが、

一人ひとり、気になるテーマについて話し、

他のメンバーがそのテーマについて自分の考えをシェアします。

It reminds me …..

「その話を聞いて思い出したのですが~」

で次々と意見、経験談が語られ、

それについて考えることでまた思考が広がる。

インプットとアウトプット両方とも大事だけれど、

アウトプットする機会というのは、なかなかないので、

貴重な機会を作っていただき、感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭を使った後のデザートも美味しい!

今日はチーズケーキでしたが、

写真撮り忘れてしまいました。

以前撮ったアップルパイの写真です。

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。