昨日は、ライティングサロン特別セミナーとして

『キャッチコピーの極意』の著者で

ノートパソコンの名付け親、

コピーライター弓削徹さんのセミナーを受講しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー前の雑談でのこと。

我らが師匠 山口拓郎氏が

NHKのあさイチに出演されたことが話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで拍手の後 

私の口からとんでもない発言が。

 

「いゃ~、ふつうでした~!」

 

一瞬シーン、

 

動画担当のメンバーが

「自然だったということですね」

とフォローしてくれて、自分の失言に気づきました。

な、な、なんていうことを!

 

「ふつう」といえば、

素晴らしくもひどくもない 

「平均」 とも取れるではないですか~!!!

 

違います! 

私が言いたかったのは、

Very natural! 

とっても自然で違和感がなかったということ。

 

メンバーのおかげで、

なんとか、一命をとりとめましたが、

時代が時代だったら

首が飛んでいたかもしれません。(汗)

 

帰国して20年以上経っているのに

いまだに時々、変な日本語が出てきて困ります。^^;

 

 

あさイチは毎日録画して

朝ドラ受けは必ず見ているのですが、

(実は博多大吉さんのファン)

山口師匠が出演する日は、テレビの前で

正座して、ドキドキしながら待っていました。

ところが、いざ山口氏がテレビに写っても

なぜか、予想していた驚きがなかったのです。

もちろんスーツ姿で、一段とカッコ良かったのですが、

話し方はいつもと同じ、

オンラインセミナーのようでした。

 

普通に話しているって、すごいこと!

そういう感動が含まれていたのです。

 

これは何十回、何百回と山口さんが、

伝えていることだからだと思います。

 

昨日の弓削さんのセミナーは、

自分の商品のうりの見つけ方、

キャッチコピーについてでした。

 

とても深い内容で、本も購入したので、

実際にワークをやりながら

しっかり学ぼうと思います。

 

私が一番心に響いたのは、

 

『キャッチコピーはあなただ』

 

 

弓削氏が大事だと思うのは、

いろいろな経験を積むということ。

 

いろんな方と同じ経験、苦労を重ねることによって

いろんな立場の方に刺さる

キャッチコピーが書けるようになるのではないか。

 

多くの人に共感してもらう言葉を出すためには、

感動するときには感動できる、

感謝するときには感謝できる 

まっとうな真っ直ぐな人間でありたい。

 

自分の体の中にあることしか

言葉として出て来ないから」

 

そしてよいキャッチコピーを書けるようになるためには、

普段からいいと感じたコピーをストックしたり、

キャッチコピーを書く練習をしたり、本を読むこと。

 

水を飲むように

自分の体に取り入れ、

いざ自分が書く時に

それが出てくる

 

「水を飲むように」という例えがとても気に入りました。

勉強するぞ~ 身につけるぞ~と構えるのではなく、

普通に水を飲むように自分の体の中に入れていく。

 

 

ユーモアも同じだと思いました。

普段から、「面白い」を見つけるアンテナを貼って、

「面白い」を見つけたら

メモして、ブログに書いたり、

家族や友人に話したりしているうちに

自分の体の中に取り入れていき、

ユーモア体質になっていくように思います。

 

でもそれも力を入れるのでなく、

ふつうに~自然に~

 

山口拓郎氏は、文章の専門家としてYoutubeを何本もあげています。

著書も国内外40冊! 

 

ライティングに関することは

すべて体の中に入っているので、

セミナー会場であろうが、

企業研修であろうが、

懇親会であろうが、

テレビであろうが、

海外であろうが、

同じように話すことができるのだと思いました。

 

私も水を飲むようにユーモアを学び続け、

自分の体の中に取り入れて行こうと思います。

お知らせ

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。