私は数字が苦手です。

アメリカに住んでいた時は、

買ってないメロンが買ったことになっていたりして

必ずレシートをチェックしていましたが、

日本では安心して、さっと見て済ませてしまうことが多いです。

 

そんな私なので、バス料金が値上がりしたのに

ずっと気づいていませんでした。

 

210円が220円になっていたのです。

それも2019年10月から (汗)

 

つまり往復で20円少なく請求していたわけです。

 

計算するのは大変なので、

今月の交通費からの変更でいいとお伝えしたのですが、

 

英会話を教えている施設の館長の

 

「さかのぼって支払えると思いますよ。

少しお時間ありますか?」

に思わず、

 

「はい」

 

と答えてしまったのが運の尽き。

 

それからすぐトップの人に電話して、

2021年の4月までさかのぼれることには

なったのですが、

コロナで教えられない時期もあり、

実際に教えた日数を計算しなければなりません。

 

 

お手数かけて申し訳ないからいいのになぁ と思っていたら、

「二人でやったほうが確実なので、

出勤表を見て一月一月チェックしてください」

 

(え~私も数えるのですか~!)

 

「え~っ、そんな大変だからもういいですよ~」

と数字大嫌い人間は、懇願の眼差しで訴えたのですが、

 

「いや、もう(トップの人に)言っちゃいましたから。

『後でどうなったっ』て聞かれると困るんで」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひぇ~! (TOT) 

 

木曜日は朝からシニア英会話クラスが5クラスあり、

授業というより、演劇お笑いクラスみたいになっているので、

5クラス目が終わったときには私はゾンビ状態なのです。

 

でも、もう引くに引けないので

細かい数字がいっぱい書いてある表を

ショボショボ目で眺めながら、

クラスの数を数えはじめました。

 

ようやく私が半分くらい計算し終わった頃

館長がすべて計算してくれたのですが、

数字に間違いがあり、

何回か訂正があり、

ようやく正確な数字が出たのが約1時間後。

 

 

「やった~終わった~!」

とホッとしたのもつかの間。

 

「最後に念の為確認してください」

と言われ、

一月ごとに数えることに。。。。(T_T)

 

(あ~もう、「いいです」って言ったのに~)と

 

心の中は不満たらたら。

無事に数字は合い、来月のお給料に加算されることになりました。

(めでたし、めでたし)

 

でもひとつラッキーなことがあったのです。

かばんの中に見つけたこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポパイにほうれん草。

マーサに小豆飴

「このひと粒が

疲れたわが体と心を癒やしてくれるだろう❤」

電車の座席に座るとすぐ私は飴玉を取り出しました。

 

袋を手で破ったその時です。

 

中に入っていた小豆飴が、

ポーンと宙に弧を描いて

反対側の座席の前20cmのところに落下し

座っていた女性の足元に転がりました。

 

「あ~っ、ごめんなさい!」

そう言って私はすぐに

飛び出した飴を回収し、バッグにしまいました。

 

でも思わずおかしくて

「くっくっくっ」と笑ってしまったのです。

 

私の隣に座っていた女性も笑っていました。

 

大昔の私だったら

恥ずかしい気持ちだけで

笑うことなんてできなかったと思います。

笑ってしまった自分に拍手。

 

自分の失敗を笑えるようになると

「超まじめ」がゆるんで、

「ユーモア体質」になっていきます。

 

そしてもうひとつ気づきがありました。

一生懸命数えてくれた館長に

感謝ではなく不満な気持ちを持った私に神様が 

 

「おまえには飴を食べる資格はない!」

 

と飴をジャンプさせたのかもしれません。(T_T)

 

来週クラスに行く時は、

飴をお礼に持って行こうと思います。

 

苦い思い出を甘くする ユーモア飴 

どれにしようか楽しみです。♪

お知らせ

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。