昨日は、所属するライティングサロンの

出版コンペがありました。

エントリー数22。

 

 

 

 

 

 

 

 

ライティングサロンなので、

文章を読ませてもらうことはあっても

実際にお会いできたのは初めての方も数名いました。

コンペが始まる前は皆さん緊張の面持ち。

私も人前で話すのは久しぶりで、

本番前に少し練習させてもらったのですが、

「会話が弾まない・・・がきえる」と言わなくてはいけないところ、

「会話が弾む・・・がきえる」とか言ってしまって

グタグタでした。^^;

 

始まるまで外で一人ひとりプレゼン練習。

みな真剣です。

こんにゃくダンスをご紹介する時間もなく、

始まりの時間でした。

部屋に入っても張り詰めた空気が漂っています。

 

そこへ我らがスギちゃんの登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(新年会のときの写真)

スギちゃんこと杉本さんは、ライティングサロンのスタッフで

イベントのメインサポーターです。

スギちゃんのこのほわわぁ~んという雰囲気が(笑)

部屋の温度をあげてくれました。

 

出版コンペは、4人の編集者さんを前にして

自分の企画する本に関して 一人90秒プレゼンをします。

 

最初は海外や地方在住の方のプレゼン(ズーム)からスタートしました。

「へぇ~そうなんだ」

「その中身もっと知りたい」

「やってみたい」

興味深い企画が続きます。

 

90秒のプレゼンが終わるとすぐに5分間の質問タイム。

 

最初の頃はどんな質問がくるのかと発表者はもちろん、

これから発表するメンバー一同 皆緊張していました。

すると編集者Aさんが手をあげて質問しました。

 

「ご出身静岡ですか? 僕も静岡なんですよ~」

 

みんな笑ってしまい、肩の力が抜けました。

もちろん真面目な質問もされていたのですが、

ところどころ笑わせていただき、

出場者もほっと一息つけたのではないでしょうか。

 

私はエントリーナンバー12番でとてもラッキーでした。

 

なぜなら、私の前の発表者の83歳のメンバーが、

(83歳で出版コンペにエントリーするだけでもすごいのに)

一番エネルギー高いのではないかというくらい元気で

笑わせてくれたからです。

 

口癖で潜在意識が変わるというお話をされたのですが、

 

「今人生最大のモテ期なんです!」

(大笑い)

 

プレゼン途中でタイマーが鳴ったときも

「言いたいことが半分しか言えなかった~」

(大笑い)

編集者さんから、

「マイナスなことを考えてしまいがちなときも

明るい口癖を言ったほうがいいんですか?」

という質問に

「バランスですね。陰でも陽でもいいんだよう

両方があってひとつなんです」

大笑い

「陰でも陽でもいいんだよう~」

 

気に入ったので、使わせてもらいます。(笑)

なんども笑ったせいですっかり緊張がほぐれました。

私も自分のプレゼンに面白い部分を入れてみたのですが、

Hさんのようには笑ってもらえませんでした。(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

83歳までは時間があるので、

腕を磨きます。(^_-)-☆

 

出版コンペに関しては

まだまだ書きたいことはあるのですが、

ユーモアコミュニケーションは、

和やかな場つくりをテーマにしているので、

今日はそのことについて書いてみました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

お知らせ

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。