シニア英会話のクラスのテキストのタイトルは

「ユーモア英会話」

 

人を笑わせる英会話ではなく、

練習していると、

自然に笑顔になるような英語のフレーズを練習しています。

 

前回の練習はHOWを使った文章でした。

 

例えば、「ここまでどうやって来ますか?」は

How do you get here?

 

どのくらいかかりますか?は

How long does it take to get here?

 

そして3つめの文が

How do you like this class?

 

このクラス(英会話のクラス)どう?

 

 

How is the class? でも

「クラスどう?」という意味ですが、

漠然とした感想(客観的な状況)を訊いています。

 

 

How do you like this class? は

本人がどのくらい気に入っているのかを聞いているので

より具体的な感想になります。

How do you like Japan?

日本はどう?(日本のことどう思っている?)

 

How did you like the movie?

映画どうだった?(その映画はあなたにとってどうだった?)

 

英語解説が長くなりました。

 

シニア英会話クラスのテキストに話を戻します。

 

How do you like this class?

という質問に対しての答えが、

 

・I like it very much!

・I love it!

・This is the best class!

・I can’t live without it!

(このクラスなしでは生きられない!)

 

ネガティブなものは一つもありません。

一体こんな答え誰が作ったのでしょう?

 

 

私です。 \(^o^)/

 

参加者の方が言いたそうなことを文章にしてみました。(笑)

シニアの方は普段感情を出すことがないので、

英会話のクラスでは、3倍の感情を出してもらっています。

 

アメリカに住んでいたとき、

アメリカ人ってなんて大げさに話すんだろう?

と思ったことが何度もあります。

 

好きなものはだ~い好き!と感情を込めていいます。

 

例えばチョコレート好きな女性が、

I love chocolate!

I can’t live without it! と言ったり、

 

アイスクリームが好きな人が

I have to have ice cream!

 

アイスクリームを食べなくてはならない。

と言ったりするのを聞いたことがあります。

 

思わず、「お医者さんに処方されたんですか?」

なんて聞いてしまいましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【大げさに言うと楽しくなる

 

大げさに言うだけで楽しい気分になります。

like ではなく、love を使って言ってみるだけで

好きな気持ちが高まります。

私は最近卵かけご飯が気に入っているので、

I love eating rice with raw egg!

ですね。

ただ英語にすると生で卵を食べるのは、気味悪がられるしれません。

 

 

ポイントは、

I love ラ~ヴの「~」の部分で目を閉じで「おいしい~」という顔をすることです。

 

もちろん、好きな人に

I love you! と 言えたら素敵ですね。

 

日本語では恥ずかしいけれど、

英語だったら、照れずに言えるかもしれません。

 

今日の最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

I love you!

 

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。