職場でもクラスでも笑いがあると、

距離が縮まり、場が盛り上がります。

 

英会話は緊張すると話せなくなるので、

リラックスして話してもらうためにも

笑いは不可欠です。

 

いつも笑いいっぱいのシニア英会話クラスですが、

今日は、いつもにもまして多く笑ったような気がします。

 

何が良かったのか振り返ってみることにしました。

 

最初にこんにゃくダンスで体をほぐします。

 

 

 

 

 

 

英会話クラスで体操するところもあまりないと思いますが、

これはとても大事です。

やるのを忘れると リクエストが出ます。(*^^*)

 

今日練習したフレーズは、

What’s your favorite _________?

Who is your favorite __________________?

 

好きな飲み物、本、映画、テレビ番組、

好きな俳優、歌手、野球の選手、作曲家、相撲力士などについて質問しました。

好きなことについて話しているときは、自然と笑顔になります。

 

 

練習する前に一つお願いしました。

 

「自分のあまり興味がないものでも、何かしら、すぐに答えてください。

『好きな相撲力士って言われても特にいないなぁ』と思ったら

 大鵬でも白鵬でも北の湖でも何でも知っている名前言ってください。

『えっと~ あんまり相撲みないのよねぇ~』な~んてダラダラやっていると

楽しくなくなってしまいます。英語の練習なので何でもいいんです。」

 

何か質問すると答えるのにすごく時間がかかる人がいます。

 

もちろん、深く考えなければならないときもありますが、

楽しい場を作りたければ、

ぱっと答えることが大事です

 

英会話していて楽しい人は、英単語を多く知っている人ではなく、

なんとか会話をつなげようとする人です。

言ってみたらサービス精神がある人。

 

質問してくれた人に、サッと考えてパッと答える。

 

ちょっとぐらい事実と違っていても構わないんです。

 

相手はだいたい覚えてないですから (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番盛り上がっていたのは、好きな歌手を答えている時でした。

 

人気があったのは、

三橋美智也、布施明、さだまさし、美空ひばり、小田和正、安室奈美恵など。

他にもいたのですが、覚えられませんでした。

 

ただ、

「渋いねぇ~」

とか

「あ~いたいた!」

”Me too!” (私も!)

 

と嬉しそうに声をあげる人も!

 

新しく入ったメンバーも一気に打ち解けたようです。

日本語でやるより英語の方が盛り上がる気がします。

 

なりふり構わず一生懸命伝えようとするからかもしれません。

日本語だと格好つけてしまうんですね。

 

好きなデザート、アイスクリーム、テレビ番組 

ペアで話してもらった後に

相手が好きな何かをシェアしてもらいました。

 

これは予想外だったみたいで焦っていた人も何人かしました。

(人が焦るのを見るのは楽しい~♪ ヒッヒッヒ)

 

「皆さん、コミュニケーションって自分の言いたいことだけ

言ったらいいってもんじゃないんですよ~!

相手の話すことにも耳を傾けてくださいね~」

と言うとみんな笑います。

 

最後に発表してもらいましたが、

 

”Her favorite TV all NHK”

というのに笑ってしまいました。

 

冗談を言う人もいて楽しいです。

 

一人、人数が余ったので、

3人組で話してもらおうとして

 

男性のメンバーに

「椅子こっちに持ってきてください」

とお願いしたら、

 

椅子だけ持ってきて自分は戻ってしまい、

「椅子だけですよね。」なんて

言われ笑ってしまいました。

 

英語のトレーニングというよりは、

笑いのトレーニングしているのかもしれません。

 

わっはっは菌は確実に広がっています。