今日は第3回ユーモアクラスでした。

 

テーマは表情

 

人の印象の55%は視覚情報からと言われるように、

聞き手が無表情だと本当に話しづらいですよね。

 

メンバーの一人も表情があまり出ないので、

「何を怒っているの?」と聞かれたり、

楽しんでいるのに、楽しんでいないように思われて

損をしていることを自覚していました。

 

ただどんな風に練習していいかわからなかったそうです。

 

クラスではジブリッシュを使って感情を出す練習をします。

ジブリッシュについては、こちらをご覧ください。

私自身も以前は、表情がとても乏しかったのが

笑顔やいろんな感情を出す練習をして

柔らかくなったので、誰でも練習さえすれば、できると信じています。

 

ただいろんな表情を出すのは 最初のうちは勇気がいるかもしれません。

同じ目的を持った人と練習するか、

表情の豊かな人のマネをするのがいいと思います。

 

海外のコメディなどは、俳優さんの表情が豊かなのでオススメです。

 

英語講師のKさんは、表情にものすごく気をつけているそうです。

クラスに入るとやる気なしの顔、眠そうな顔、英語苦手な顔。

 

そこでKさんは 表情を目一杯明るくして 教室に入ります。

すると笑顔が、だんだん伝染して行くそうです。

 

90分の授業の最後には、

みんなが笑顔になることを目指して授業をしているとか。

素晴らしい先生ですね。

 

オンラインクラスは、表情がよく見えるので、

変化もわかりやすいです。

 

もうすでに2回でだいぶリラックスしているので、

最後のクラスでどんなに表情が柔らかくなっているか

とっても楽しみです。