私が広めたいユーモアは、

温かいユーモア、ほっとするユーモア、

困難なときに緊張をほぐしてくれるユーモア。

 

では、人を傷つけるユーモアとは?

 

思い出されるのは、今から10年近く前のこと。

東京のトーストマスターズクラブ(スピーチクラブ)に

海外から、有名なゲストスピーカーMr.Gが来て、スピーチをしてくれると聞き、

見に行きました。

 

私はMr.Gのスピーチを以前youtube で見て感動したからです。

ストーリーの作り方といい、声の出し方、ジェスチャーといい、素晴らしいものでした。

自分のクラブ以外の例会に参加するのは、勇気が入りましたが、

せっかくのチャンスと思い、夜の街 東京にでかけて行きました。♪

 

部屋に入ると、仕事帰りの30代、40代のメンバー。

若々しく、やる気満々のメンバーが慌ただしく準備をしていました。

アラフィフだった私は、少し居心地の悪さを感じました。

(もしかしたら、私が最年長?)

 

全部で20名くらいいたでしょうか。

いくつかスピーチがあり、

いよいよお待ちかねのゲストスピーカーのスピーチです!

 

Mr.Gは、細長いコの字型のテーブルの端で感情豊かに語り始めました。

声のトーン、間のとり方、完璧です。

 

Mr.Gには、若い時好きな女の子がいました。

ある時話しかけるチャンスがやってきました。

Mr.Gは、「話しかけよう」と言いながら、

左側に座っていた30代の女性に近づいて行きました。

 

その直後事件は起きたのです。

 

Mr.Gは、その30代の女性に行くと見せかけて、

急に向きを変え、

右側に座っていた私の方に近づきでこう言いました。

 

「女の子ではなく、彼女のお母さんに」

(私はおかあさん~?!)

 

好きな女の子に話しかけると思いきや、母親に話しかけたと、

予想と反することを言ったので、会場は爆笑。

 

でも私は全く笑えませんでした。

「みんなに笑われている」

というなんとも言えない嫌な気持ちになりました。

 

Mr.Gは私に「彼女のお母さんに」と言い終わったあと、

両手を合わせて謝るポーズをしました。

悪いという思いはあったのでしょう。

 

私は頭が真っ白になって、

その後のスピーチは一切入ってきませんでした。

うなだれて帰った覚えがあります。

 

私はその日強く思いました。

「いくらコンテストに勝つためでも、

笑いを取るためでも

私は決して人を傷つけるようなスピーチはしない!」

 

 

 

「そんなにショックだったの? たいしたことないじゃない」

「それくらいのことで傷つくなんて、マーサ、ユーモアセンスないじゃん!」と

言う人がいるかもしれません。

 

 

その事件数年後、ユーモアアカデミーに入会、

ユーモアを勉強しはじめて

ユーモアにもいろいろあることを学びました。

 

ジョークやからかいも入るのですが、

その手のユーモアでは、

相手との信頼関係がとても大事です。

 

親しい間では笑えることも

親しくない相手とは笑えないことがあります。、

例えば、夫は髪の毛がほとんどないので、

時々「ハゲちゃん♥」と呼ぶことがありますが、

それは夫婦内だからできることで、

友人に同じような髪型の人がいたとしても

同じように呼ぶことはできません。

また体調も大事です。

機嫌が悪い時に冗談を言われると

イラッとすることもあります。

 

 

あのとき、私がそれほど年齢に敏感になっていなかったら、

Mr.Gが、スピーチの前に一言話してくれていたら、

あれほどショックは受けなかったかもしれません。

 

今だったら笑って受けて、母親の素振りもできますね。

スピーチ後にMr.Gに話しかけて、

「ちょっと~私を年寄り扱いして~まったく~」なんて

からかってみたい気がします。(笑)