うちの次男は結構可笑しい。

朝10時ごろ起きてくるので、「いったいいつまで寝てるのよ!」と責めると

「いやー、世界平和のために戦っていたから」と答えてきます。

 

大学を卒業して実家に帰ってきてしばらくたったころ、家事が増えた私は文句を言いました。

「ねぇ、母さん、なんだかしょっちゅう料理したり、洗濯したりしている気がするんだけど」

すると一瞬 まじめな顔になって言いました。

「わかった。今日から 絶食する! 洋服もこれ以外着ないよ」

思わず吹き出してしまい、イライラはどこかに飛んでいってしまいました。

 

といっても、最近では手抜きもいいとこ。 時間がなくて冷凍食品で済ますなんてこともよくあります。 そんな時の会話です。

 

私 「今日は 特別ランチメニューよ!」 (冷凍食品を取り出し 電子レンジに入れる)

 

息子 「大丈夫? 一人でできる? 手伝おうか?」

 

私  「ありがとう。 でも母さん、まずは自分でやってみるわ。たぶん大丈夫だと思う。もし必要だったら声をかけるから」

 

息子 「わかった。 いつでも呼んで。」

 

チーン! (電子レンジが鳴る)

 

私  「やったー! できた! ひとりで出来た!」 (大げさに飛び跳ねる)

 

息子 「バンザーイ!!」

 

まさにYes and…      相手の話に乗ると短い会話でも結構楽しめます。

たまには無邪気になって遊んでみませんか。                             2015.1.16

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら