今日は土曜日ユーモアクラスの最終回でした。

最後にメンバーからのフィードバックを言ってもらうため、

まずは自分で自分のいいところを楽しく話す

「あなたのいいところは何?」というゲームをしました。

これは英語のインプロでやる

What do you like about your self?の日本語版。

メンバーが自分のいいところを言ったら、

他のメンバーが、

「いいねぇ、他には?」と

その人のいいところをどんどん引き出します。

 

これは4月の第一回目のクラスでやったのですが、全くうまく行きませんでした。

 

・自分のいいところを人に話したことがない

・相手が話した後タイミングよく「いいねぇ」が言えない。

やっとのことで全員が言い終わりました。

 

 

ところが4ヶ月後の今日同じワークをやったのですが、

皆さんの軽やかなこと!

次から次と出て来ます。

「〇〇さんのいいところはなに?」

「料理がうまいこと♪」

「いいねぇ、他には?」

「テニスがうまいこと♪」

「いいねぇ、他には?」

どんどん続きます。

一番少ない人でも10個。多い人は15個も言ってくれました。

それも嬉しそうに、胸を張って自慢気に。。。(笑)

 

「どこでも寝られること」

「嫌なことはすぐ忘れること」

「捨てるものでも捨てないで再利用すること」

「慎重な性格だから失敗は少ないこと」

「いくつになってもチャレンジャー!」

「自分のいいところも当たり前と思う謙虚なところ」

「甘いものだったらどんだけでも食べられること」

「日本語ペラペラ」

くすっと笑ってしまいました。

「夫に愛されていること♥」

「20歳の時の服が今でも着られること」(いいなぁ)

「いいねぇ、他には」にも皆さん、感情がこもっています。

「すごいねぇ」「素晴らしい!」と言い換えてもOKです。

 

いいとこ自慢が終わると、今度は他のメンバーがその人のいいところをシェアします。

 

カメラ越しではありますが、相手に向かって話していて

誰も書いたものを読んでいません。

本当に心の中で思っていることを言っていたからだと思います。

 

皆さんの深いフィードバックを聞いて感心したと同時に

皆さんの中に遠慮がないことを感じました。

 

ユーモアコミュニケーションクラスでは

ゲーム感覚でコミュニケーションの練習をするのですが、

自己開示のスピーチも何回もしてもらうので、

距離が縮まったのだと思います。

愉快な仲間とだから一緒にできる。

 

安心と安全の場を作り、ユーモアと笑いがあれば、

新しいことにチャレンジできるのですね。

テクニックや技術よりも、

自分が出せる環境作りがとても大事なのだと思いました。

 

秋コースは9月スタートします!