昨日トーストマスターズクラブ今期最後の例会がありました。

ただ元気なだけが取り柄の会長でしたが、^^;

優秀な役員と広い心のメンバーのおかげで

とても楽しい1年を過ごすことができました。

最後の例会は皆さんへの感謝の気持ちを込めて

メンバーへのフィードバックの例会にさせていただきました。

各メンバーがこの1年で成長したことを1分間で話し、(自己評価)

その後、他のメンバーがその人の強み、成長をコメントします。(4分)

 

自分の強み、成長ってなかなか自分ではわかりません。

 

 

実は去年とても感動したことがありました。

我がクラブの創設者とんちゃん、こと東さんのスペシャルセッションでのことです。

クラブのために多大な寄付をしてくれたり、

入念な準備のもとワークショップを開催してくれたり

「困った時はとんちゃん」とわからないことにはいつも答えてくれるとんちゃん。

何かお礼がしたいと思い、

発想力豊かな私は次々にアイディアを出しました。

「とんちゃんの銅像を駅の近くに作ろう!」

「とんちゃんのTシャツを作ってみんなで着よう!」

「とんちゃんを称える歌を作って例会で歌おう!♫」

 

 

どれもボツ (T_T)

 

 

そんなとき、賢い次郎さんが、言いました。

テーブルトピックスクラブなんだから、

「トンちゃんをテーマにした質問を作って答えてもらったらどう?」

素晴らしいアイディアです!!!

私達のクラブは、質問に対して即興でスピーチをする練習をしています。

 

面白そう~!

ちょうど、とんちゃん主催のワークショップがあったので、

その後にスペシャルセッションを開催しました。

 

「とんちゃんのすごいと思うところはどこですか?」

 

「とんちゃんとの印象に残っている思い出を話してください」

 

なんていう質問から、

 

「とんちゃんの手はなぜ厚くて大きいと思いますか?」

 

「とんちゃんは前世では何だったと思いますか?」

 

「とんちゃんが、『あの人は今どうしているのだろう?』と思う人は誰ですか?」

 

などなど、いろいろな質問が出ました。

そしてその答えがまた可笑しくてみんなで大笑い。

ただ褒めるのではなく、ユーモアがあったのが、良かったのかもしれません。

進行役の私は、皆さんの答えを聞いているうちに

体がぽかぽかしてきて、幸せな気持ちになりました。

 

他の人の褒め言葉を聞くと、嫉妬する場合もあるかもしれませんが

私自身が、尊敬して感謝している人だったので、それは全くなく、

自分一人では思いつかない質問や答えをみんなが出してくれて

とてもいい時間でした。

 

その場をみんなで作り上げている感覚

が幸せの原因だったのだと思います。

 

ミーティングや気楽な集まりでも、

なかなか全員が参加するというのは難しいものです。

 

発言しなくても、頷いたり、笑ったりしてくれることで

みんなが幸せな気持ちを共有することができました。

 

樺沢紫苑著 精神科医が見つけた3つの幸福には、

幸福とは3大幸福脳内物質が十分に出ている状態と定義されています。

それは「ドーパミン」「セロトニン」「オキシトシン」

セロトニン的幸福は健康の幸福

オキシトシン的幸福は繋がりと愛の幸福

ドーパミン的幸福はお金、成功、達成、富、名誉、地位などの幸福です。

 

そしてこの3つの幸福には優先順位があり、

セロトニン→オキシトシン→ドーパミン的幸福の順番だというのです。

詳しくは樺沢さんのユーチューブをご覧ください。

 

ドーパミン的幸福には終わりがない。

セロトニン、オキシトシン的幸福だけでも幸せを感じられる。

 

ユーモアコミュニケーションは、

オキシトシン的幸福のためのコミュニケーションなのだとわかりました。

 

幸せになりたい方、この本とってもお勧めです。