昨日はライティングサロン入会後最初のイベントに参加しました。

コピーライターの川上徹也さんによる特別セミナー

 

たくさんの学びがありました。

 

「書きたいことは書かない」 

え???? と驚きましたが、

自分の視点ではなく、読み手にとって役に立つことを書くという言葉に納得。

今まで好き放題に書いていた自分を反省しました。

『文章の鬼100則!』 

というタイトルだったので、鬼のような厳しい人をイメージしていましたが(笑)

とても優しい方でした。

チャットで、比喩、たとえ話の訓練についてお訊きしたのですが、

とても丁寧に答えていただき、オンラインでもセミナールームにいるような気分になりました。

 

 

私の質問に答えてくれているところです。 スクリーンショットでいい写真が撮れました。\(^o^)/

 

たとえ話は、文章で書く時は時間をかけて考えられるけれど、話し言葉ではそうは行かない。

比喩が上手い人とそうでない人がいて、誰でもうまくなるトレーニングというのを

川上さんご自身も探しているとのこと。 

山口拓郎さんが、お笑い芸人はたとえで人を笑わせることが多いという話をすると

川上さんが、何年も前からつけているにっきノートについて話してくれました。

日記ではなく、日気ノート 

日々気づいたことを記録しているそうです。

テレビやお笑いや旅行先などで言葉に注目して、面白いと思ったら書き写すそうです。

やっぱり、コツは、コツコツ 地道に なんですね。

私も例え話、比喩 ためていこうと思います。

 

まずは山口拓郎さんが何度も読み返したという

「仕事はストーリーで動かそう」

から読み始めようと思います。

 

スタジオの様子