2020年12月のみんなのうたは、

竹内まりやさん作詞作曲 広末涼子さんが歌っている「キミの笑顔」

セミナーコンテストに出場したときに大変お世話になった方から教えてもらいました。

歌はこちら

歌詞はこちら

「たくさん笑っている人ほど痛みや苦しみ知っている」

今から25年前のことです。

夫の仕事でアメリカのノースカロカロライナ州に住むことになりました。

2階建てアパートの2階だったのですが、下の階に住んでいたのが、笑顔がとっても素敵な60歳くらいのJOYCE。

昔幼稚園の先生をしていたそうで、日本人の同僚とJapan Dayで雛人形を飾ったことなど少し興奮気味に話してくれました。

 

明るくて、温かくて こんな先生に子供を見てもらえたらどんなに安心だろうと思う素敵な人でした。

年はずいぶん離れていましたが、すぐに仲良くなり、

お茶会に呼んでくれたり、食事に誘ってくれたり、

毎日のように会うようになったのです。

 

 

息子たちもアメリカのおばあちゃんのようになついていました。

まさかアメリカで二世帯住宅に住むとは!(笑)

 

日本にとても関心があり、

日本の暮らしやしきたりなど熱心に聞いてくれるので、私も知っている限りお話しました。

(外国に行くともっと日本のこと学んでおけばよかったと反省します)

 

アメリカに住み始めて4ヶ月ほど経ったときのこと。

クリスマスカードの話になり、

日本ではクリスマスカードを送り合う風習はないけれど、年賀状を送ること。

ただ父母、義父母などが亡くなった場合は喪中はがきを出すと伝えたときです。

突然 ジョイスが声を出して泣き崩れてしまったのです。

 

私は驚いてしまって、どうしていいかわからず固まってしまいました。

「何かひどいことを言ってしまったのかしら?」

するとジョイスが涙声で話してくれました。

自分には二人娘がいて、下の娘が30歳のとき病気で亡くなったこと。

もともと知的障害があり、心臓も弱かったこと。

亡くなったのが、ちょうどクリスマス前だったので、

クリスマスカードにはそのことは書かず、

友人には、年が開けてから知らせたということ。

私はただ黙って聞くことしかできませんでした。

こんなに毎日楽しくてたまらない風に笑顔で明るい人にそんな過去があったとは。。。

いつも人のために何ができるか考えて行動する素晴らしい方でした。

3年前に亡くなられましたが、今でも私にとっては母のような存在です。

 

♪ キミが笑いかければほら みんな笑顔になってゆくよ

太陽の光を浴びて 咲く花たちのように ♪

 

Laughter is the best medicine.

 

 

 

 

 

お知らせ

★2021年春のユーモアコミュニケーションコースの申込みが始まりました!
→日本語クラスはこちら    →英語クラスはこちら

「2020年、ライフハッカー読者が最も購入した「ビジネス書籍」ランキング」で1位になりました!!

ライフハッカーの本の紹介はこちら
※Kindleでも購入できます。