オンラインクラスが盛り上がる理由の一つが わかりました。

うなずきです!

 

先日トースト(マスターズ)仲間の一人が教えてくれた試してガッテン。

画面とカメラが違う位置にあると目線があわないため、うなずきとジェスチャーが大きく減るのだそうです。

解決方法としてうなずき担当を決めて、その人が相手の話をしっかり聞いて、

心を込めてうなずくと他の参加者もうなずくようになり、一体感が増すように感じられるとのこと。

 

血流の実験でも、聞き手がうなずいてくれる場合、話し手の血流量の動きが落ち着き、

聞き手の血流量とその動きが揃う 「リズム同調」が見られました。

これは互いに共感しあっているときに起きるものだそうです。

 

詳しくはこちら。ためしてガッテン:心をつなぐ〇〇パワー!

 

ユーモアコミュニケーションクラスのメンバーは、大きくうなずいてくれる人が多いのです。

まだ数回しか会っていないのに、この一体感、不思議でしたが、

うなずき、表情、ジェスチャーなどが 距離を縮めてくれたのだと思います。

自由に表現するには、安心できる場を作ることが、とても大事。

失敗してもいい、安全の場を作るためには、

肯定、肯定、絶対肯定。

うなずきは肯定のジェスチャーになるのですね。

 

昔 お笑い芸人の塾で(1年ほど通っていました)表情、リアクションのクラスに出たときのことです。

塾長の話を聴きながら、全員大きくうなずいたり、体全体で驚いたりしました。

それが大げさ過ぎて、私は心の中で笑っていましたが、思えば、クラス全体は、一つになっていました。

クラスが盛り上がるのは、私のファシリテーション力だと思っていましたが、(笑)

うなずき隊のおかげですね。

ありがたや~ありがたや~ ♪