私が40代前半のころ 趣味のグループで

地域のイベントでダンスを踊ることになりました。

 

先生が友人から借りてくれたスカートを広げると

60代の女性のメンバー4,5人が 

まるでバーゲンセールのようにその山に群がり、

自分のお気に入りのスカートを選んで取って行きました。

 

唖然。(@_@)

 

私は最後に残ったスカートをはくことに。。。

 

そのとき思ったのです。 

私が年をとったら、若い人に先に選ばせてあげよう。

若い人に花を持たせて私は控えめに目立たないにしようと。

 

 

おー、

それなのに。それなのに。。。

 

前回のワークショップの写真を見て、

反省。。。

 

 

何ですか、これ?

真ん中にどーんと座っちゃって。

ピンクのカーディガン、目立ちすぎ。

まるで担任の先生みたい (笑)

素敵なクラブ写真になったのに、おばはん、何やってんの?

調子乗りすぎでしょ!

と距離を置いて自分を見てみると 笑えます。

それがユーモア。

 

。。。。。。。。

人生とは「あるべき姿」と「現状」との闘いの場である。

<中略〉 

「あるべき姿」と「現状」の争いは人々にとって、思い負担になる。

そこで登場してくるのが、ユーモアであり、ジョークなのだ。

人間の弱さ、おろかさ、人生の馬鹿らしさに直面しても、

これを憎まないで受け入れ

共感する態度をユーモアという。

ばかげた行いや肝心なときにくじけてしまう弱さに対して、

頭から避難したり、

「そんなことでどうする!」と

あるべき姿を示して、叱咤したりするのでなく、

「だれだってそうなりかねない」と

共感を示すのがユーモアである。

ユーモアは人を責めない。

一緒になって笑う態度がユーモアなのだ。

(ユーモア話術の本 福田健著 p.51)