朝日新聞の「悩みのるつぼ」をいつも楽しく読んでいます。

今回も社会学者の上野千鶴子さんの回答 笑ってしまいました。

既婚女性からの独身ハラスメントに

どう対処したらいいかという

60代の独身女性の相談だったのですが、

 

上野氏の答えは

質問には質問で返す でした。

 

「迷って一人に決められなかったんですよ。良く決められましたね。

(後悔していませんか?を加えてもよい)」

「周囲に羨ましい結婚生活している夫婦がいなかったものですから~」

「結婚して何かいいことありましたか?

あったら教えてください」

 

「子供を産んだことは最大の宝物」と言われたら、

「うらやましいわ~

でも子供さんで苦労している方もたくさんいらっしゃいますよね。

子供を育てる喜びを味わわなかった代わりに

リスクも背負いませんでしたから。」と

 

そして

「子供を産んで初めて学んだことが多かった」

という人には、

「子供を産んだおかげでその程度で済んでいるのね」

と言い放った友人がいるとか。

……………………………..

実際に言うと人間関係が悪くなる可能性もあるのですが、

そんな答えを頭の中で思いつくだけでも

くすっと笑えます。

コラムの最後に言っていた言葉は、

どんなコミュニケーションにも通じると思いました。

 

「ライフスタイルが違うなら

互いに異文化と思って

異文化交流を楽しみましょう!」