NHKの芸人先生の録画を見ました。

先生は爆笑問題。大手菓子メーカーの社員に

「ちゃんと上手に褒めていますか?」というテーマで

プレゼンのコツを話してくれました。

 

ポイントは相手に共感してもらうこと。

面白いと自分が思っても説明が上手く行かないと相手には伝わらない。

面白いと思ったネタが受けないときにどう伝えたら共感してもらえるか考える。

そのための2つ目のポイントは商品が喜ぶように褒める。

商品が喜ぶ? 

商品を擬人化して、それが人だったら聞いていて嬉しくなるように褒めるということ。

 

爆笑問題の太田さんの説明からは商品への愛情を感じました。

もちろん言葉もありますが、本当に好きなんだなぁというのが、

見ているだけでわかります。

私は即興スピーチクラブのメンバーでもあるので、

太田さんの好きな食べ物の説明はとても参考になりました。

 

「湯豆腐~ 昔の町の豆腐屋さんで売ってた豆腐 すーごい好き。

あれをポン酢で食べるんだけど、まぁーね~、柔らかさもコクもそうなんだけど、

そんなことより『あ~幸せだなぁ』(最高に幸せな顔)温泉に入ったときのよう~」

 

「緑茶って自然そのものを体に取り入れている感じがして 気持ちがいいんだよ。美味しいとかじゃない、

超越してるんだよ。美味しいを。これが我々を生かしているんだ! 葉緑素!光合成!」

葉緑素、光合成では皆さん笑っていました。

ポテトチップス のり塩にいたっては、奥さんより大事なのではないかと思う褒めっぷり。

「のり塩は別格。

コンビニに行ってあんだけ商品並んでて ずーと見て ほんとにのり塩しかほしくない。

のり塩さえあれば幸せ。

あれは揺るぎない。あれがなきゃ困る。

人類が絶滅しても残る。」

(誰が作ってんだよ!というつっこみ 笑)

まるでポテトチップスが恋人のようですね。

 

ポテトチップスを買うことはほぼないのですが、
今度コンビニ行ったときに買ってしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら