ある日のシニア英会話のクラス終了後のこと。

 

生徒さん数名とハヤシライスを食べていると

比較的まだ新しいメンバーの男性が、

「いやぁー、声を出すっていいですねぇ!」

と突然嬉しそうに話しかけてきました。

その声の大きさと顔の表情の明るさにびっくり。

6カ月前初めてクラスに参加したときは、

うつむいて目もなかなか合わせてくれない感じだったのです。

声も小さくて聞き取りにくかったのが、

声のボリュームが2段階上になりました。

 

英語は腹式呼吸なので、

笑いヨガで声を出して大笑いするのが

いい発声練習になっているようです。

スピーチの練習でも1文読んで「あはははは」と大笑いして 

その後また文章を読むという練習をしたことがあります。

ビフォーアフターがあまりに違い驚きました。

 

介護予防として英会話は非常に役に立つと確信してきました。

・お腹から声を出す

・表情が豊かになる

・身振り手振りで話すので、体を使う

(ペアで話した後は必ずハイタッチ♪)

・感情表現が多いので「感情」を出す

 

そして最近気づいたのが「目」

アメリカ人は目でコミュニケーションすることが多いということ。

目の周りの筋肉をよく使っているので表情が豊かになるのですね。

人とすれ違う時相手の目がちょっと大きくなると

自分を認識してくれたとわかるので嬉しくなります。

笑いヨガで手拍子して歩き回る時にそれを意識してやるだけで

全体の雰囲気が楽しくなりました。

まさにユーモアコミュニケーション ♪

次回も大きな声を出して元気になってもらおうっと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
5月からオンラインコース始まりました!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら