昨日はコミュニケーション講座「力をぬいて行こう! 自分らしい伝え方へのアプローチ」

第5回目 人を成長させる雑談力 の公開講座がありました。

講師は「雑談力・お喋り・雑談の恐るべき効果」の著者 川上 義郎氏。

2時間の講演で印象に残ったこと

 

1.相手との関係性を促進するのには、自己開示が必要。

 

2.お喋りを通して 相手のことだけではなく、自分のこともわかるようになる。

 

3.自己開示には、返報性というメカニズムがあり、自己開示されたら 自己開示を返すという暗黙のルールがある。

 
4.お喋りの動機は、様々あるが、

 

女性は 自分自身の欲求

(リラックスるするためや 感情を出すなど)が強く、

 

男性は、情報への欲求

(情報を手に入れたい 自分自身について知りたいなど)が強い

  
5.夫婦の会話では 妻は、もっと自分の話を聞いてほしいと望み、

夫は 共通の話題を持ちたいと思っている。

 

6.悪口の言い方。

自分からは言わない。 相手に言わせる。

「○○さんって困っちゃうのよねぇ。どう思う?」

などといい、相手が乗らない場合はすぐやめる。

 

 

とっても感じのいい先生だと思ったのですが、

人をけなすのが好きで よく失敗するとか。

 

「悪口」のテーマになると心なしか 顔が輝いていたような(笑)

きっとそれがご専門なのかもしれません。

 

 

本を注文したので、またお伝えしますね。

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
5月からオンラインコース始まりました!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら