前回は、しょうもない夫の駄洒落にお付き合いいただき ありがとうございました。m(_ _)m

ブログ「ダジャレ好きの夫」はこちら

 

今日は人を和ます 駄洒落の例をご紹介します。

 

日本でホスピスケアを始めた 柏木哲夫医師と患者さんの話です。

 

ある食道がんの末期の中年のご婦人が食道が狭くなり お腹が減っても食べられないでいました。

なんとか食べてもらいたいと そのご婦人に言いました。

 

柏木先生 「 ひょっとしたら トロくらいだったら トロトロっと入るかもわかりませんね  (笑)」

Aさん  「 そうですね。 トロねぇ、 私も一日中 トロトロ寝てないで、トロぐらいに挑戦しましょうか」

Aさんの夫「いや先生、私も トロい亭主ですけれど、トロぐらいだったら買いに行きますよ」

 

そういって買ってきたトロをAさんは、3切れ食べることができました。

「癒しのユーモア」 柏木哲夫著 より

 

ユーモアは、相手に対する思いやりがあるときに、すごい力を発揮する。

 

本当にその通りだと思います。
                  

こんな風に 駄洒落だって人の心を和ますことができるのですね。

この柏木先生の駄洒落に駄洒落で返されたAさんも Aさんの旦那さんも 素晴らしいと思います。

 

「Oh No ! 駄洒落なんて」 なんて馬鹿にしないで 皆さんも時々作ってみませんか。

 脳の活性化にもなりますよ! (笑)

 

 

img_3736

渋谷の 魚屋豪腕 というお店のお刺身 とっても美味しかったです。

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら