昨日の 日経の「春秋」に 足立区立郷土博物館で始まった昭和30年代の家電の展覧会のことが書いてありました。

トースト ホットミルク 目玉焼きを1台で作れる調理器もあるとか。楽しそう~ 

見てみたいですね。(*^^*)

そんな面白家電が生まれたのは、思いついたアイデアは形にしてみよう!という空気があったからです。

その後 社内の統制が強まったせいか 型破りな製品は姿を消したそうです。

 

残念ですね。 

 

のびのびとした環境、心にゆとりがないと ユーモア、面白いアイディアは出てこない !

 

8年前 それを確信したことがあります。

 

同時通訳の学校に通っていた時のことです。

 

毎週 宿題としてニュースと社会問題の文章が 音声で送られるのですが、毎日何時間かけても覚えられない!( ;∀;) 

 

焦りといらだちで 笑顔が消えていきました。

 

そんなある日 トーストマスターズのスピーチを作ろうとしてびっくり! 

 

何一つ楽しいことが思いつかなかったのです!

 

それまでは内容はともかく 何かしら面白い(くだらない?)アイディアが浮かんだのですが、まるで、脳の一部がフリーズしてしまったようでした。

 

自分の心にゆとりがないと人を楽しませることなど思いつかないのだと気づきました。

 

まずは自分がゆったりとした穏やかな気持ちを持つこと。 

 

通訳学校辞めたら 元の天然キャラに戻りました。 (笑) 

 

ゆったりと。 おおらかに。 心に余裕がなくなるとき 言い聞かせています。

%e8%8a%b1

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら